0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

お茶道具全般買取致します

鉄瓶の買取実績

鉄瓶
使わなくなった骨董品のあられ鉄瓶
骨董品
家の建て替えで処分した骨董品(茶道具)
鉄瓶
眠っていた骨董品金正堂銅瓶
鉄瓶
管理が大変で手放した祖母の遺品からあられ鉄瓶
鉄瓶
古道具コレクションから古い金寿堂鉄瓶
鉄瓶
遺品整理で手放した古道具の鉄瓶
鉄瓶
引っ越し予定で不要となった銅蓋の古い鉄瓶
鉄瓶
亡くなった祖母の残した骨董品の鉄瓶を手放しました
鉄瓶
骨董銅蓋鉄瓶友次郎作
鉄瓶
骨董古い光玉堂鉄瓶
鉄瓶
骨董盛久作鉄瓶
鉄瓶
骨董品として使われていた鉄瓶

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

茶道具を知る~ 鉄瓶(てつびん)~


岩手県の伝統工芸品 南部鉄器

鉄瓶(てつびん)には長い歴史があり、日本各地、色々な場所で作られています。 その中で、岩手県の伝統工芸品であり、海外でも人気のある南部鉄器についてお話ししましょう。 南部鉄器の歴史は、江戸幕府の時代に遡ります。 平和な時が続き多くの人たちがお茶を楽しむことが浸透し、当時の南部藩当主重直公が南部藩で取れる良質な鉄等の原材料を使って茶釜を制作するよう命じます。 そこで藩内の鋳物師と京都の釜師、初代小泉仁左衛門を召抱え、茶の湯釜が制作されたのが南部鉄器の始まりです。 その後、試行錯誤の末に出来上がった釜のことを南部釜と呼ぶようになり、三代目小泉仁左衛門の代に鉄瓶が創作されます。 時を重ねながら世に鉄瓶が徐々に知られ、いろいろな種々の工芸品が作られるようになるのです。 これら全てを総称して南部鉄器と呼ばれることとなるのです。 またその時代南部鉄器の受注の殆どは南部藩の有坂家、鈴木家、藤田家、そして小泉家が担うこととなります。 そんなことから南部鉄器の歴史は有坂家、鈴木家、藤田家、小泉家の歴史と言っても過言ではありません。

茶釜、鉄瓶の小泉仁左衛門

小泉仁左衛門の歴史は南部釜の歴史と重なります。 初代仁左衛門清行が万治二年に南部藩主重直公に命じられ制作した茶釜を南部釜と呼ぶようになります。 そして三代目仁左衛門が使い勝手のよい湯釜を創作します。それが今現在鉄瓶と呼ばれているものです。 この仁左衛門の技は高く評価されながら今も尚、初代仁左衛門の技は継承されています。 十代に亘って受け継がれた仁左衛門の作品。 そんな仁左衛門の作品は日本国内は勿論のこと、世界各国からも注目を集めるほどの優れた伝統工芸品として高く評価されているのです。 仁左衛門の名とともに広まった鉄瓶いろいろな模様があり、その模様にも名称があります。。 霰と呼ばれる鉄瓶の表面がぶつぶつとした模様。その模様の霰には種類があり、中霰は霰よりもやや大きめの模様のことを言い、大霰は大きな模様のものを言います。 また大霰は鬼霰とも呼ばれています。 他には何本もの細い線の入った模様を糸目、桜の花びらの模様のものを桜文(さくらもん)と呼びます。 まったく模様の入っていないものもあり、それを無地と呼びます。 これらの模様は全て茶の湯の世界を一人でも多くの方に楽しんでもらいという仁左衛門の願いでもあるのです。

注目され続ける山形鉄瓶

山形鉄瓶(山形鉄器)の歴史はいまから900年前の康平年間(1060年)まで遡ります。 源頼義が奥州平定の命を受けて山形地方への転戦の折に砂と土質が鋳造に適していることを同行していた鋳造職人が発見し、この地に留まったことが始まりとされています。 その後は斯波兼頼や最上義光らの歴代当主からの屁護を受けて銅町として日本有数の鋳物産地となりました。 今でも山形鉄瓶は人気もあり、日本のみならず世界の鉄器マニアから注目され続けています。 山形鉄器の生型の製法は、まず金型と呼ばれる型で製品の型を取ります。 その後に乾燥型という手法を用いて製品を作成します。 この乾燥型製法が優れている点は同じ型の製品を量産でき、大量生産が可能になりました。 ただし山形鉄器の高級品とされるものはやはり全て焼き型を用いて一品ずつ製造れます。 山形鉄器の中でも焼き型を使った製品は、素晴らしい仕上がりで味わい深い製品ばかりなのです。

高岡鉄瓶の職人技

高岡鉄瓶の特徴は蝋型鋳造製法によって生み出される地紋にあります。 400年前から始まった鋳造の歴史の中で育まれた、繊細でダイナミックなモチーフを表現する蝋型鋳造は高岡鉄瓶の全てともいえる製法でしょう。 高岡の蝋型鋳造の歴史は江戸時代の初期寛永年間(1624年)に遡ります。 この年には蝋型鋳造の技術は既に確立されていたといわれています。 そして蝋型鋳造の技術は小物鋳造の技術としてよういられ、主に仏具類などの小物を作る際にも使用されました。 現在、高岡鉄瓶の蝋型鋳造製法が無形文化財として選定され、民芸工芸品としての製造技術が高く評価されています。 そして今も尚その職人技は受け継がれ高岡鉄瓶の歴史を刻んでいます。

受け継がれていく伝統工芸

これらのことから日本では色々な場所で鉄瓶が製造されています。 どの鋳造製法をとってみても歴史は深く、伝統的なものばかりです。 先に取り上げた南部鉄器、高岡鉄器、山形鉄器はそれぞれの製造方法を用いて制作されていますがどこの鉄器も素晴らしいものばかりです。 その他にも最近では京都、大阪、滋賀などでも鉄器は製造されて、多くの鉄器作家を輩出しています。 今後もこれらの日本の素晴らしい伝統工芸が末永く受け継がれていくことでしょう。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る