0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

ロレックス(ROLEX)の買取実績

ロレックス(ROLEX)
【神奈川県横浜市】ロレックス(ROLEX)アンティーク時計...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

時計を知る~ ロレックス(ROLEX)~


腕時計の王者

ロレックス(ROLEX)とはスイスの高級時計メーカー及びその製品名です。20世紀初頭にドイツ人ハンス・ウィルスドルフがイギリスで創業し、世界初の防水機構「オイスター」や完璧な自動巻き「パーペチュアル」、視認性を高めた計時機能「コスモグラフ」等を搭載した高機能・高品質な腕時計と巧みな広告戦略により、世界著名のブランドとなりました。
創業当時は懐中時計が携帯式時計の主流でしたが、ウィルスドルフは腕時計の主流化到来を見据えた活動を行ない、成功を収めます。そこには、懐中時計に劣るとされていた腕時計の、徹底した品質向上と、絶え間ない機能向上といった、努力と進取の気風がありました。その一方、顧客が望まない過度の装飾や機能は採用しない、という姿勢も貫きます。
そうした、顧客や技術至上のロレックスの物づくりはブランドへの絶大な信頼を生み、世界中に信奉者を増やします。アメリカ大統領を始め数々の著名人や富豪に愛用され後発メーカーながら「腕時計の王者」とも呼ばれます。20世紀後期にはクオーツ登場による荒波も経験しますが、一部にそれを採用するなどして対応し、その後も人気を保っています。

ロレックスの歴史

高精度腕時計への挑戦

ロレックスの創業者ウィルスドルフは、1881年ドイツ南東部クルムバッハで金物商の次男として生まれました。12歳で両親を亡くし、寄宿学校卒業後17歳でスイスの真珠商、19歳で時計商に勤め、22歳で当時世界の中心地で時計産地のロンドンの時計商に転職します。そして1905年、24歳で出資者と共に起業しました。
その会社ウィルスドルフ&ディヴィスは、早速旅行用の特製トラベリング・ウォッチを手がけ好評を得ます。これは富豪注文品と既製品の中間的商品で、これまでない存在でした。1908年には「ロレックス」を商標登録し(スイスにて。英国は12年)、10年には初めて腕時計の精度認定を受けます。それは精度に劣る腕時計の、高精度化への挑戦でした。

大戦の危機に発展の礎得る

ウィルスドルフは、品質や小型化に優れた機構製造会社エグラーとの提携を強化し、腕時計全てを「認定精密時計」とし、その製造販売に邁進します。1912(明治45)年には初めて日本にも輸出。そして、創業10周年の1915年には社名を「ロレックス・ウォッチ」と改め、ウィルスドルフが名実共にその代表となりました。
しかし、前年から第一次世界大戦が始まり、関税の上昇や禁輸処置により部品輸入が困難となります。ウィルスドルフは輸出部をスイスに置くことで危機を切り抜け、更に輸出大国であったイギリスやドイツの混乱により飛躍したスイス時計産業に軸足を置いたことで発展の礎も得ました。また、1915年には夜行文字盤・針等の特許も取得します。

本社移転とオイスター誕生

1917年頃からは王冠形のシンボルマーク「ロレックス・コロネット」付きの腕時計が出現しました(登録は25年)。そして1919年、スイスのジュネーブに本社が移されます。それは、当時スイスが高級時計産地として認知されていたことを考慮した戦略とみられ、更にジュネーブはその中でも一流メーカーが集まる地でした。
1920年にはエグラー社との株式交換を行ない、やがてロレックスの製造開発部門として自然な形で吸収合併されることになります。同年には比較的廉価なサブブランド「マルコーニ」も発表。1923年には名機的ムーブメント(機構)「ハンター」を発表し、26年には金属のくり抜きケースを採用した初の本格的防水機構「オイスター」を発表しました。

パーペチュアルで飛躍

画期的ながらオイスターは販売が振るわず、ウィルスドルフは翌年から大々的な宣言を始めます。ドーバー海峡遠泳等の著名人にそれをつけさせるなどして新聞や雑誌に広告を出し、店頭の水槽に魚と共に飾ることなども行ないました。それらの莫大な宣伝費は28年発表の人気高級腕時計「プリンス」等の売り上げに支えられます。
1931年頃には完成度の高いロレックス独自の自動巻き「パーペチュアル」を開発し業界に衝撃を与えました。34年にはそれを軽量化して外装が丸くなった通称「バブルバック」が人気を博して大きく飛躍します。そして43年頃にはサブブランド「チュードル」を発表。

盤石化とその後

40周年の1945年には日付表示が瞬時に変わる画期的な「デイトジャスト」、53年には潜水用「サブマリーナー」や探検用の「エクスプローラー」、54年には耐磁性仕様の「ミルガウス」が発表され人気を博しました。56年には日付と曜日表示が付く高級機「デイデイト」が米国大統領に贈られ、その影響で世界中の富豪に人気を博します。
1960年、ウィルスドルフが死去しますが、ロレックスの経営・ブランド力は盤石でした。同年には複数の時間表示が可能な航空用「GMTマスター」、62年には宇宙飛行用「コスモグラフ」のカーレース版「デイトナ」が市販され、70年にはクオーツを初採用した「クオーツ・ロレックス」、72年には洞窟探検用「エクスプローラー2」が発表されます。そして、以降も機械式を主流とした時計づくりを続け、絶大な信頼と愛顧を受け今に至っています。

ロレックスの物づくりと性能追求

革新的なオイスターで世界に名を馳せ、パーペチュアルでその地位を確立したロレックス。その信頼の根源は妥協のない物づくりと高性能の追求にありました。それは、ほとんどの製品に厳格な検定を通過した「クロノメーター(精密時計)」称号が付くことからも証明されます。また多くの製品に使用されるオイスターケースは、金や白金・ステンレスの塊を打ち抜いたあと160以上の工程を経る製法が採られ、防水性や堅牢度を高めており、パーペチュアルは、ローターの円運動により、滑らかにゼンマイを自動巻きする「ローター・ワインディング」方式が採用され、旧来の機構と一線を画しています。
そのような物づくりが、それまで飾りや玩具扱いだった腕時計を実用品と化し、携帯時計の主流とする時代を開きました。まさに、ロレックスは腕時計の開拓者といえます。

種類・代表作

ロレックスは古い製品でも壊れにくく、中古市場での人気の一因ともなっています。特に60年代以前のものはアンティーク・ロレックスと呼ばれ珍重されます。
製品には多くの種類やその亜種が存在します。代表的機種はオイスター、長方形高級機のプリンスやその女性版プリンセス、オイスター・パーペチュアル、バブルバック、デイトジャスト、サブマリーナー、エクスプローラー、ミルガウス、デイデイト、GMTマスター、デイトナ、1960年代初頭発表の最高級機クラウン・コレクション、72年発表のオイスター・クオーツ、エクスプローラー2、92年発表で航海用のヨットマスター等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る