0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

パーカー(PARKER)の買取実績

パーカー(PARKER)
【強化買取】パーカー(PARKER)の強化買い取りを行ってい...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

実用性と斬新さで世界の雄に

パーカー(PARKER)とは、アメリカ中西部ウィスコンシン州発祥の高級筆記具メーカー及びその製品で、19世紀末に教員ジョージ・パーカーにより設立されました。実用的で斬新な機構や意匠を持つ万年筆で知られ、「デュオフィールド」や「パーカー51」等の著名製品を生んで業界の雄となり、様々な製品を世界に普及させています。
高級筆記具市場ではドイツのモンブラン社に次ぐ存在で、売上高では世界の頂点に君臨しました。創業100年を超す世界で2番目に古い万年筆メーカーで、その製品はアメリカ大統領やイギリス王室等の、多くの著名人に愛用されます。また、第二次世界大戦の降伏文書や米ソ軍縮条約の署名にも使われ、「平和のためのペン」とも呼ばれました。
伝統的スタイルや職人技を先端技術で組み合わせた製品を得意とし、大々的な宣伝戦略や不況に強い体質等、経営にも優れます。また、万年筆の色やペン先の種類が多く、ブランドマークでもあるクリップの矢羽意匠も特徴的。20世紀末にイギリスに本部を移し、その後、事務製品会社サンフォードの傘下となり、名品復活や新製品の発表を続けています。

パーカーの歴史

既存品改良で起業 19世紀後期、ウィスコンシン州ジェーンズビルの電信学校教師ジョージ・パーカーは、万年筆会社の個人代理店として生徒への万年筆販売も手掛けていました。しかし、当時の万年筆はインクの出が不安定だったため、自らその機構を改良して1888年に成功し、その製造販売を志します。時にパーカー25歳。これが創業の年とされます。
そして翌年には特許を取得し、その後、理解ある出資者の協力も得て本格的な製造販売に乗り出し会社設立も行ないました。ジョージは次に保管時のインク漏れを防ぐ画期的なインク供給機構「ラッキー・カーブ」を発明し、94年に特許を取得。それを備えた万年筆「ラッキー・カーブ・ペン」等が人気となり、パーカーは一躍業界のスターとなりました。
黄金期での活躍 20世紀初頭にはアールヌーボー様式に影響された有機的貴金属装飾がある「スネークペン」等が作られ、後に収集対象となります。1914年からの第一次世界大戦では水に浸せばすぐに書ける固形インク装備の戦場向け万年筆「トレンチペン」を製作。息子らも経営に参加し、18年には年間100万ドルという驚異的売り上げを記録しました。
大戦後の21年には、その色や大きさから「ビックレッド」と呼ばれた、斬新なカラー軸万年筆「デュオフィールド」を発表し、20年代の万年筆黄金期を先導し、後代まで影響を与えます。そして、セルロイド等の合成樹脂の普及と共に、パーカーも様々な色や柄の万年筆を開発し、巧みな広告戦略で世間の注目を集めました。
33年には新開発の吸入機構と矢羽クリップを初装備した「バキュマティック」、41年には航空機に着想を得た流線形が美麗な名品「パーカー51」を発表し、人気を博します。また、後者に使われた速乾性で書き味の良い新開発インク「クインク」も評判となりました。
戦後の名品・ロングセラー 第二次世界大戦中にボールペンが発明されると、以降、万年筆は筆記具主流から外れ始めます。パーカーは徹底してその研究に取り組み、1954年に初のボールペン「ジョッター」を発表しました。特徴的なノック音を持ち、意匠・機能共に優れたそれは、初年度で350万本を売り上げ、現在まで続くロングセラーとなります。また、57年には矢羽意匠が正式にブランドマークとなり、以降進化と洗練が続けられます。
60年にはインクカートリッジ式万年筆「パーカー45」を発表して成功を収め、62年には英国王室唯一の御用達ペンブランドとなりました。そして64年には調整可能なペン先を備えたスタイリッシュな傑作万年筆「パーカー75」を発表。それは、「51」同様、政治家に好まれ、戦略兵器削減条約等の歴史的イベントの署名用に特製されることもありました。
転換期越え初志追求 70年代以降は筆記具の多様化や電子機器の台頭により万年筆の需要も下がりますが、製品の多様化や名品復刻等で乗り切り、80年代の不況でも売上を伸ばします。そして万年筆の良さが世界的に見直され、復権の兆しが見えてきた90年代には、多くの色や素材が選べる新たな万年筆「ソネット」をヒットさせ底力を見せます。21世紀に入ると、万年筆とボールペンの長所をまとめた集大成的な次世代筆記具「インジェニュイティ」を発表。以降も「優れたペンを作る」という創業時以来の志を追求しています。

筆記具変えたパーカーの技術

万年筆はパーカー以前から存在しましたが、ほとんどが品質的に未完成なものでした。パーカーはそれを改良して現代に繋げた為、万年筆を近代化させた会社の一つとなります。
ペン先に残ったインクが漏れ出す問題は、ペン先の土台「ペン芯」を曲げて軸内に密着させ、毛細管現象でインクを戻す機構ラッキー・カーブを考案して解決します。また「デュオフィールド」の成功には、強化樹脂を採用した壊れ難さを強調したことも貢献し、「バキュマティック」のバキューム・フィラー機構は、インク容量が大幅に増え、残量も目視できる斬新なものでした。「パーカー51」の評判に貢献した速乾インク「クインク」は、倒れにくい低重心ボトルに入れられ世界に普及。ボールペン「ジョッター」に採用されたTボールは、従来の鋼製より書き味と信頼性に優れたタングステンを使用し、チタン製万年筆「T-1」もペン先がロケット状の軸と一体化した革新的なものでした。これら、パーカーが創出した技術や意匠は、他社の追従を生むなど、往々にして先駆的なものでした。

パーカー製品の種類・代表作

パーカーの筆記具には万年筆・ボールペン・ローラーペン(水性ボールペン)・メカニカルペンシル(シャープペンシル)・マルチファンクションペン(多機能ペン)・独自の新式筆記具パーカー5thテクノロジー(インジェニュイティ)等があります。また、看板商品である万年筆のペン先は、字幅が選択出来るようになっています。
代表的製品は、万年筆では、ラッキー・カーブ機構を搭載し最初の成功をもたらしたジョイントレス、貴金属・宝石で蛇模様が施されたアールヌーボー期の稀少品スネーク、世界に影響を与えた大型かつカラフルなデュオフィールド、未来的で流麗な外観と完成度の高さを両立させたパーカー51、初のカートリッジ式パーカー45、シズレパターン(格子柄)のスターリングシルバーによる高級感とペン先調整機構を備えたパーカー75、洗練されたクラシック・エレガンスのソネット等があり、ボールペンでは、最初の製品ながらロングセラーとなったジョッター、その他には、次世代ペンのインジェニュイティ等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る