0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

モンブラン(MONTBLANC)の買取実績

モンブラン(MONTBLAN...
【東京都文京区/遺品整理】モンブラン万年筆

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

最高峰名乗り頂点極めたブランド

モンブラン(MONTBLANC)とは、ドイツ北部ハンブルグ発祥の高級筆記具メーカー及びその製品で、20世紀初頭に万年筆製造を目的に設立され、世界著名のブランドに成長しました。高品質な製品づくりや白い星形マークで知られ、「ルージュ・エ・ノワール」や「マイスターシュテュック」等の著名製品を生み、世界の人々に愛用されています。
当初は「シンプロ・フィラー・ペン」という社名でしたが、アルプスの最高峰モンブランにちなむ万年筆を発表し、のちに社名としました。また、キャップの頂部等に入れられる社章「ホワイトスター」は最高峰を覆う万年雪、ペン先の刻印「4810」はその標高を象徴するもので、クラフトマンシップによる最高品質提供の気概が示されています。
代表作「マイスターシュテュック149」が「艶のある黒い姿に金のクリップ」という万年筆の一般的イメージを創るなど、世界に影響を与え、最も知られるメーカーとなりました。20世紀後期に英国のダンヒルに買収され、その後スイスのリシュモングループ傘下で多角経営を始めて、現在では腕時計・革製品・香水等も取り扱う総合ブランドとなっています。

モンブランの歴史

創業から基礎確立 19世紀末にアメリカで基本形が完成した近代万年筆は、携帯筆記具の主流として欧米を始め世界で急速に広まりつつありました。その流れを察したドイツの技師エーベルシュタインと銀行家ネヘミヤスが1906年に万年筆製造に着手します。その後、起業家クラウス・フォスらが参加し、8年にハンブルグでシンプロ社が設立されました。
工業宮殿と呼ばれる工場施設で操業を始めたエーベルシュタインらは、当時主流のスポイトインク補充式万年筆の製造を始めます。キャップ内側のピンでペン先を保護する独自のセーフティペン「ルージュ・エ・ノワール」で好評を博しますが、間もなく創立メンバーが次々と離脱した為、フォスが主導してモンブランの基礎を固めることになりました。
モンブラン名とスノーホワイト誕生 そして、キャップの頂部が赤い「ルージュ・エ・ノワール」の後継として白いキャップトップの万年筆が採用された際、モンブランの名称が考案されます。それは1910年に商標登録され、以降全ての筆記具の名称となり、13年にはホワイトスターに改められたキャップトップのマークも登録されました。
1914年に第一次世界大戦でフランスとの戦争が始まると、フランス語の「ルージュ・エ・ノワール」の名が変更され、社名もドイツ語の「シンプロ・フュルフェーダー」に変更されます。そして、戦争で部品輸入が途絶えたため、金のペン先を含めた全ての生産が社内で行なわれるようになり、愛すべき国産品としてドイツ中で人気を博しました。
両大戦間の発展 大戦終了後の1920年代から30年代にかけては、米国式の大々的な宣伝活動を展開し、筆記具以外の様々な文具も手がけ、それらを扱う専門店を各地に展開します。24年には代表作及びロングセラーとなる「マイスターシュテュック」コレクションを発表し、20年代末にはそれらの製品は世界60カ国に広まるようになりました。
29年には「マイスターシュテュック」のペン先に最高品質の証であるモンブランの標高「4810」が刻印されるようになり、同年発生した恐慌では、役員ロイスラーが人事刷新や自動化・機械化導入で乗り切り、従業員を500人に増やす発展に導きます。そして34年、世界に広まっていたブランド名が社名に追加され「モンブラン・シンプロ」と改名されました。35年にはレザーメーカーを買収してペンケース等の生産も本格化させます。
代表的万年筆メーカーに 第二次世界大戦では幸い壊滅的破壊を受けず、予備部品等で戦後すぐに生産を再開することができ、順次海外支店も再開されました。1952年には「マイスターシュテュック149」を発表し同シリーズを完成の域に高め、55年発表の「60ライン」の世界的成功と併せて、万年筆の代表ブランドとしての地位を不動のものとします。
60年代はケネディ大統領愛用が報じられる等の輝かしい時代となりますが、やがてボールペンや電子機器の台頭により万年筆が筆記具の主流から外れ、モンブランも多様な製品生産に努めます。しかし、80年代以降に復権の兆しが現れ、高級品に絞った戦略で成功を収めました。その後は、様々な高級品を扱う総合高級ブランドとして活動しています。

モンブラン万年筆の特徴

モンブランがその名を成した近代万年筆は、ペン先裏のペン芯にある先細りのインク溝と空気溝がインク貯蔵部から伸びる構造で、インクが毛細管現象で溝を伝ってペン先に送られ、同量の空気が貯蔵部にも送られ常にペン先にインクが供給される仕組みとなっています。インクの補充には吸入式やカートリッジ式の他、吸入可能なカートリッジを使うコンバーター式や、スポイト注入のインキ止め式があります。素材は、軸ではエボナイト(硬質ゴム)・セルロイド・アクリル・合成樹脂(レジン)・炭素繊維・ステンレス・金・銀・チタン・磁器・木材等があり、ペン先では金(14Kか18K)・白金・鉄等、ペン先先端のペンポイントではイリジウムやオスミウム等の合金があります。各部には塗装やメッキ・彫刻・象嵌・宝飾等の装飾が施され、ペン先には弾力添加とインク誘導用の切りこみとハート穴があり、社名・商標・標高数字・シリーズ名・唐草的模様等が刻まれます。最大の特徴はキャップトップのホワイトスターと妥協なく仕上げられた高品質です。特に万年筆の命であるペン先は重視され、手作業による100以上の工程を経て製作・調整されています。

その他の筆記具と万年筆の種類・代表作

モンブランの筆記具には万年筆の他、ボールペン・ローラーペン(水性ボールペン)・ファインライナー(サインペン)・メカニカルペンシル(シャープペンシル)・スクリーンライター(タッチペン)があり、いずれも高級品のみの展開となっています。
看板商品の万年筆のペン先には8種類の字幅があり、極細から極太までがEF・F・M・B・BB、傾斜中字から同極太までがOM・OB・OBBのアルファベットで区別され、選択可能となっています。代表作は、定番のマイスターシュテュック、戦後の新デザイン60ライン、細身のノブレス、洗練された古典意匠のクラシック、シンプルで若年層向け意匠のスターウォーカー、小型でペン先格納式のポエム等があり、マイスターシュテュックの中では、不朽の名作149や小型のル・グラン146、旅行用のトラベラー147、富裕層向け貴金属使用のソリテールや4810個のダイヤが付けられたソリテール・ロイヤル等があります。その他には、限定品の偉人・作家シリーズやパトロン・シリーズ等が人気を博しています。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る