0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

ユンハンス(JUNGHANS)の買取実績

ユンハンス(JUNGHANS...
【千葉県柏市】ユンハンス(JUNGHANS)の振り子時計を買...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

価格以上の品質と意匠もつブランド

ユンハンス(JUNGHANS)とは、ドイツ南西部シュランベルク発祥の時計メーカーです。19世紀後期に企業家エアハルト・ユンハンスらが創業し、ドイツ最大の時計メーカーに成長しました。価格以上の品質やデザイン性を持つ製品で知られ、高級腕時計「マイスター」やデザインモデル「マックス・ビル」等の各種時計を創出し、世界で愛用されています。
木材資源に恵まれ、古くから鳩時計の産地として知られたブラックフォレストとも呼ばれる森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」で、その伝統を継ぎ創業しました。初代の先見性と後代の努力により、製造工程や技術の革新を進めて精度と信頼性に優れた製品を生み、瞬く間にその名をドイツ、そして世界に知らしめるようになります。
他国製品との激しい競合や度重なる戦乱の中で保持してきたのは、革新的な開発と精度を追求する姿勢。それが世界で信頼を得、困難から立ち上がる原動力ともなりました。伝統と先端技術を融合させた製品を、高品質かつ優れた意匠で製作する――。機械式や電気式等の方式にかかわらず、自らと顧客が納得するような製品づくりを続けています。

ユンハンスの歴史

伝統の「黒い森」での創業 エアハルト・ユンハンスはシュランベルクで帽子製造会社を経営していましたが、南北戦争で原料のアメリカ産麦藁の輸入が途絶えたため、1861年に時計製造業を始めました。シュヴァルツヴァルト伝統の掛時計を手がけ、当初は他社向けの部品を製造し、66年からは自社ブランドによるオリジナル製品の生産を始めます。
しかし、まもなく大量生産された安価で良質のアメリカ製品により、家内制手工業のシュヴァルツヴァルト製品が急速に市場を奪われる状況に晒されます。エアハルトは、この難局に生産方式の機械化と販売方法の改革で挑み、結果、日産約60台、従業員数100人以上にまで規模を拡大させる成功を収めました。
アルトゥールの活躍による飛躍 1870年に初代ユンハンスが47歳で亡くなると、75年から息子アルトゥールの経営が始まります。米国で新しい時計製造を学んだ彼は、優れた企画力を発揮して目覚時計の大量生産を実現させました。従業員数が1000人となる急発展を果たし、90年には米国式ビジネスに倣った「八芒星にJマーク」の商標を登録します。
1900年にはトマス・ハラー社と提携し、当時携帯時計の主流であった懐中時計の製造にも乗りだしました。1903年には従業員数3000人、年産300万個以上に達する世界最大の時計メーカーとなります。そして、6年にはのちに分社化する砲弾信管製造、27年からは腕時計の生産も始め、良質な低価格腕時計「ノブルク」等が人気を博しました。
腕時計時代到来と個性確立・高精度化 携帯時計の主流が腕時計となった1930年代には、自社製造のムーブメント(機構部)を腕時計に使用し始め、大々的な広告でブランドアピールを行なうようになります。そして、デザイナー、アントン・ツィーグラーにより「マイスター」腕時計が生み出され、ユンハンス製時計の外観的個性が確立されました。
第二次世界大戦による混乱後は、顧客への評判を回復する為に高品質の腕時計づくりを目指します。そして、1951年にはドイツ最大のクロノメーター(高精度時計)生産メーカーとなり、56年には世界第3位のクロノメーター生産数を誇るようになりました。また、「J83」等の自動巻きクロノメーターの名作キャリパー(ムーブメント)も生みます。
ブランドイメージ確立と超高精度時代へ 1950年代後半には合理・機能主義的美術「バウハウス」の巨匠マックス・ビルデザインによる様々な製品を発表。それは、巨匠の純粋主義とユンハンスの技術主義との融合となり、新たなブランドイメージを確立させました。
70年にはドイツ初のクオーツ(水晶)式腕時計を発表し、72年にはミュンヘン五輪の計時担当となり世界初のカラー写真判定等で世界にその技術力を示します。85年には超高精度を実現した電波置時計を発表し、翌年にはソーラー電波時計「RCS1」、90年には電波腕時計「Mega1」を世界に先駆け発表しました。
21世紀に入ると親会社倒産による混乱にも遭いますが、高級機械式腕時計の再開発や創業地にこだわる生産を強化するなど、力強い成長を指向しています。

ユンハンスの時計づくり

黒い森の小さな後発企業だったユンハンスが飛躍出来たのは、同地の製品を圧倒し始めたアメリカ製品の品質や生産・販売法を見習った為でした。それは常に世界の最先端を意識し、それを超越する努力を続けたことに他なりません。それが、同社を手頃な値段で買える高品質時計の代名詞的メーカーにさせ、世界で歓迎される存在としました。
そうしたユンハンスでの時計づくりでは、常に最新・最先端の技術や設備が使用されてきました。3Dプログラムによる仮想試作で製品化の可否が検討されるのもその一例です。構想・設計・開発・生産・品質管理・修理の全工程で、伝統を尊重しつつ品質を優先する体制が整えられています。それらは、少人数のチームが最後まで責任を持って担当します。

製品の種類・構造と代表的製品

ユンハンスの時計製品には掛時計・柱時計・置時計・懐中時計・腕時計・調理時計等の種類があります。当初は皆機械式で、掛時計や柱時計は動力や時報用のゼンマイか錘(おもり)と調速用の振り子、携帯時計や置時計等は動力や時報等用のゼンマイと調速用のテンプやひげゼンマイを備えます。ゼンマイは手巻きが基本で、腕時計には腕の動きを利用した自動巻きがあります。その後電気式も作られ、それらにはモーター用の交流電源や電池、制御用のトランジスタやクオーツ等が使われます。表示はアナログ針式やデジタル液晶式とその併用等があり、電源不要の機構にはソーラー発電があります。また、クオーツの高精度化には時刻信号を受信して補正する電波式が用いられます。
その代表的製品は、掛時計では日本で俗にスリゲルと呼ばれた大型標準時計やマックス・ビル・ウォールクロック等があり、置時計では扁平取手付きの目覚時計や三段階アラームのTRIVOX、マックス・ビル・キッチンクロック等があり、懐中時計ではアラーム付き懐中時計等があります。腕時計ではアントン・ツィーグラーデザインのマイスター・コレクション、マックス・ビルデザインのマックス・ビル・コレクション、世界初の電波式Mega 1やそのソーラー式Mega Solar、初代を称え21世紀初頭から販売が始まった機械式高級機エアハルト・ユンハンス・コレクション等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る