0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

ジャガールクルト(JAEGER LECOULTRE)の買取実績

ジャガールクルト(JAEGE...
JaegerLecoultre(ジャガールクルト)社の置時...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

稀少な自社一貫製造ブランド

ジャガールクルト(JAEGER LECOULTE)とはスイスの高級時計メーカーです。19世紀前期に機械技師アントワーヌ・ルクルトが創業し、のちにパリのジャガー社と合併しました。稀少なマニファクチュール(自社一貫製造社)として革新的スポーツ機「レベルソ」やアラーム機「メモボックス」等の高質な機械式腕時計を創出し、世界に知られています。
時計用工作機械の優秀な技師であった初代により、画期的な工作機械や測定器が創出され、質の高い製品づくりを実現させました。更に家内工業的分業制が主流のスイスで革新的なマニファクチュールを採用し、当時携帯時計の主流であった懐中時計、ついで腕時計の生産を本格化させ、現在まで続く特色とします。その技術力は万博等で早くから認められたことや他の一流時計ブランドに多くのムーブメントを供給していたことからも窺えます。また、ゼンマイ残量計等の他の追随を許さない独創的な機構開発にも長けました。
20世紀前期に現社名となりますが、北米では同後期まで「ルクルト」名が使用されます。世紀後半にはクオーツ(水晶)式出現による機械式凋落等の荒波を受けますが、同世紀末からの機械式復権の流れと、リシュモングループ傘下でのブランド力強化等により復活を果たしました。21世紀に入ると過去の名機復刻等も行ない、新たな注目を集めています。

ジャガールクルトの歴史

部品工場として創業 1833年、時計用歯車の工作機を開発した技師アントワーヌ・ルクルトが、スイス西部ル・サンティエに時計部品工場を設立しました。のちのジャガールクルトの創業です。彼は1844年に世界初のミリオン単位計測が可能な「ミリオノメーター」を発明し、正確な部品づくりに活用して、ムーブメント(時計機械)製造も始めました。
1847年には時間調整やゼンマイ巻きに鍵が不要で故障の少ないロッキング・バー方式のリュウズ巻き機構を持つ懐中時計を開発します。51年の初のロンドン万博ではそれらの発明や製品により金賞を獲得。アントワーヌとその息子らは66年に初の本格的マニファクチュール「ルクルト」を創設し、他社向けを含めた多種多量のムーブメントを製造しました。
腕時計時代到来とJLブランド誕生 1903年、初代の孫ダヴィッドは、パリの宝飾商カルティエの時計を製造していたジャガー社の要望を受け、超薄型懐中時計用ムーブメントを開発し、協力関係を築きます。29年には普及し始めた腕時計の自社ブランド販売も始めますが、変わらずムーブメント製造事業を主力とし、他社への供給も続けました。
1931年、角型ケースをスライド反転させてガラス面を保護出来るようにした革新的なスポーツ腕時計「レベルソ」を発表します。これはポロ競技での破損を防ぐ為に開発されたもので、その実用性と人気から他社によるライセンス生産も行なわれました。そして37年、ジャガーとの長年の協力関係を発展させて「ジャガールクルト」ブランドを誕生させます。
独創性・技術力示す 第二次世界大戦後の1946年からは自動巻きムーブメントを手がけ、48年にはそれに巻き上げ状態表示「パワーリザーブインジケーター」を加えた独創的な機構も開発しました。50年にはアラーム付き腕時計「メモボックス」、56年にはそれを自動巻きにした世界初のアラーム腕時計を発表しジャガールクルトの技術力を大いに示します。
また、1953年には自動巻き腕時計「フューチャーマチック」を発表。これは巻き上げリュウズがなく、ゼンマイの故障と精度低下防止の為の機構を備えた高度かつ先進的なものでした。57年には耐磁・耐震・防水性に優れたクロノメーター(精密時計)認定の自動巻き腕時計「ジオフィジック」、62年にはそれを進化させた「ジオマチック」も発表します。
クオーツショックと復興 20世紀前半から続いた機械式腕時計とスイス時計産業の黄金期。ジャガールクルトも繁栄を共にしましたが、1969年に日本のセイコーがクオーツ式腕時計を発表して機械式の凋落が始まると大きな影響を受けます。しかし同世紀末から機械式の良さが再評価され、新たなブランドビジネス化を図る再編もあり復興を果たしました。
92年にはクラシカルな円形ドレスウォッチシリーズ「マスターコレクション」の展開を始め、その際導入された1000時間もの独自検査を全ての腕時計で実施し始めます。21世紀に入っても世界初の球体誤差補正機構を備えた複雑腕時計「ジャイロトゥールビヨン」やメモボックス等の名機復刻を発表して話題となるなど、精力的な活動を続けています。

ジャガールクルトの技術と職人技

時計大国スイスでも珍しいマニファクチュール生産を続けるジャガールクルトは、創業以来技術に優れたメーカーとして知られました。現在でも世界最薄記録を持つ厚さ1.38mmの懐中時計ムーブメントや、トルクが不足しがちな角型腕時計の多機能化、構造的に困難な自動巻き腕時計へのアラーム追加、空気の温度変化で半永久的に動く高精度置時計「アトモス」の製品化等にもそれが窺われます。また時計の心臓部であるアンクルの開発・製造・組立を行なってきた数少ないメーカーでもあります。その他、摩耗対策のルビー設置やネジ製作・切削・研磨・プレス・熱処理・メッキ・文字盤製作・組立・仕上げ・調整等の各作業に、高い技能と個人的経験・歴史的伝統を有する職人技が投じられています。
また、製品の個性と完成度を高める装飾技法にも優れ、ダイヤ等による宝飾やエングレービング(彫刻)、部品へのペルラージュ加工(鱗模様彫刻)、エナメル細密画、スケルトン加工等が、同じく熟練の職人技により施されます。

種類・素材・代表製品

ジャガールクルトの製品には、懐中時計・腕時計・置時計・卓上時計・掛時計・旅行時計(トラベルクロック)等の種類があります。外装素材には、金・銀・白金・ニッケル合金・ステンレス・チタン・革・ガラス・サファイアクリスタル等があります。
代表的製品には、腕時計では台座上でケースが反転するレベルソ、小型化と高精度を両立させた角型のデュオプラン、世界最小の機械式ムーブメントを搭載した女性用宝飾時計ジュワイアリー101、アラーム付きロングセラーのメモボックス、耐磁・耐震・防水性に優れる自動巻きクロノメーターのジオフィジックとジオマチック、パワーリザーブ表示付きのインジケーター、標準的な円形ケースをもつラウンドモデルやその自動巻きのオートマチック等があり、その他では、半永久動作が可能な高精度置時計のアトモス等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る