0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

カメラ・万年筆・時計買取致します

掛時計の買取実績

ユンハンス(JUNGHANS...
【千葉県柏市】ユンハンス(JUNGHANS)の振り子時計を買...
掛時計
取り壊し予定の建物で見つけた古道具の時計(精工舎)
掛時計
祖父の遺品整理で手放した古い壁掛け時計
掛時計
喫茶店を廃業するため店にあった骨董品のボンボン時計
掛時計
古い高級柱時計(古道具)

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

時計を知る~ 掛時計~


屋内外の欠かせない存在

掛時計(かけどけい)とは釘や金具を利用して壁や柱に取りつけて使う時計で、壁掛け時計・壁時計・柱時計とも呼ばれます。家庭用時計として14世紀には西洋に存在したとみられ、錘(おもり)を動力とした機械式から始まり、振り子やゼンマイ、そして水晶(クオーツ)等を用いた電気式も登場し、精度向上や低価格化が進展し広く普及しました。
世界的には「ウォールクロック」と呼ばれ、日本では古くはその時報音から「ボンボン時計」とも呼ばれます。当初はその源流の教会時計同様、機構が露出した金属製で、その小型版・家庭用として出現しました。その後、木製のケースが付くようになり、彫刻等の華やかな装飾も施されます。また、時報やからくりが付いたものも古くから作られました。
近代以降世界中に普及し、家や公共機関等の屋内外で欠かせない存在となります。現在では樹脂等の外装素材でつくられるクオーツ式やデジタル表示のものが主流ですが、趣ある木製や機械式といった、旧式・高級品も見直されています。そして、それらのものを修理・実用したり、また収集・鑑賞したりするなど、実に多彩な形で利用されています。

掛時計の歴史

源流と発生

掛時計の源流は13世紀頃から西洋の教会に現れた錘(重力)式機械時計の「塔時計(とうどけい)」とみられます。掛時計としては家庭用が14世紀から記録に現れ、15世紀から現物がのこり、16世紀末には一般的になりました。それは塔時計同様ゴシック調で、金属製機構に囲いはなく、時報付きで大半が15時間に一度巻く必要がありました。
17世紀半ばに振り子時計が発明され精度が向上しますが、掛時計は重力式のゴシック調が続き、それを近代化した側板や扉付きの「手提時計(ランタンクロック)」がイギリス等で流行します。その影響から、30時間巻きのそれに四角い文字盤と木製フード・ケースを付けたものや、世紀後半は鍵巻き式8日巻きの建物風ケース付きのものが流行しました。

各国での発展

18世紀には現ドイツで全てが木製の掛時計や鳩時計の源流「カッコー時計」が作られ、イギリスで「議会条例時計(タベルンクロック)」と呼ばれる安価な振り子時計が流行します。またオランダでは重厚なものや簡素な木製時計「ダッチクロック」、そしてルイ王朝下のフランスではロココ調の繊細豪華な彫刻装飾をもつものが作られました。
一方、日本では16世紀頃から輸入され始め、やがて日本風の不定時式に改変され17世紀頃から「和時計」として国産されます。掛時計としては、「櫓時計(やぐらどけい)」や「台時計(だいどけい)」の機構部を柱に掛けるようにした錘式のものや、錘の下降具合で時を読む長箱状の日本独自式掛時計「尺時計(しゃくどけい)」等がありました。

19世紀の動向

19世紀に入ると近代的な丸型や八角形ケースの掛時計が出現。アメリカでは最初の掛時計「ワゴンウォール」に続き「バンジョー時計」「竪琴時計」「飾燭台時計」等の重厚優美なケース付き、オランダでは鋳物装飾が付く「スタルトクロック」等の振り子時計が流行し、オーストリアでは三角屋根に長いケースの振り子時計が一般化しました。 日本では1873(明治6)年に定時法が採用され、和時計に替わり輸入掛時計の使用が始まります。特に米国セストーマス社の八角尾長型の振り子時計が官公庁で採用され、明治8年以降現れる国産品にも影響しました。そして、明治25年に精工舎(のちのセイコー(SEIKO))が四ツ丸型ボンボン時計の製造を開始するなど、明治中期以降から国産が本格化します。

クオーツ出現と古式復権

20世紀に入っても精度の向上が図られるなど進化しますが、一方でアールヌーボーやアールデコといった美術装飾の影響を受けた掛時計も登場します。また、石油化学の発達で、ケースや機構への合成樹脂使用も盛んとなりました。そして1968(昭和43)年にセイコーが世界初のクオーツ式掛時計を発売し、以降世界に広まります。
20世紀後期にはデジタル式や太陽電池・電波式等も開発され、精度と利便性が飛躍的に向上しました。一方、従来の機械式や木製の振り子時計は急速に廃れます。しかし、その後、機械式の精巧さや美しさが見直され、古いものの再利用や収集・鑑賞が流行し、電動やクオーツ等を導入した伝統的姿の製品等も定番化して愛用されるようになりました。

掛時計の機構

掛時計登場当初の重力式は、錘の下降により動力を得、冠形の歯車とそれに噛み合う袖付き棒の天符(てんぷ)により調速される冠形脱進機を備え、17世紀後半以降に登場した振り子式は振り子の往復運動が天符に伝わるように作られました。また、昼と夜で時刻の長さが違う不定時法採用の和時計では、昼夜別の天符を持つ二挺天符も採用されます。ゼンマイ式は16世紀頃に発明されますが、掛時計では錘や振り子が使えない船舶用等に採用され、のちに時針や時報の動作に使われます。冠形脱進機は長く使われますが、精度向上のため17世紀後期にガンギ車とアンクル爪による退却式アンクル脱進機が、18世紀初期には更に改良された直進式アンクル脱進機が発明され主流となりました。そして、クオーツ式の登場以降は、電子回路でモーターや液晶表示を制御する電気式が主流となります。
時報や目覚まし機構は当初から存在し、時報では順を追って時間数を打つロッキングプレート式や時針に合わせて打つ17世紀後期以降のラック式が使われました。目覚ましはピンの挿入により専用の錘を降下させ鐘を鳴らす仕組みで、のちにはゼンマイも使われます。そして、電気式登場後は時報・目覚まし共に電子回路による作動が主流になりました。なお、その他の機構では、月日・七曜・月齢等の表示や、からくり等の機能付きもあります。

機械式黄金期の種類・素材・著名メーカー

機械式掛時計の黄金期である19世紀から20世紀半ばまでの外観種別には、基本形の丸型・角型・八角型やその下に振り子室が付いた尾長型、上下左右に丸形が組み合わされる四ツ丸型(だるま時計)や左右の丸がない小型の姫だるま、建物風の箱型や長方箱型、船時計用の卵型、上部が丸いR型、菱型、曲がった棒庇が付くバナナ型、曲線ある長方箱のヴァイオリン型、額型、フクロウ型、カッコー(鳩)時計等があり、それらに彫刻や細工物が付けられた装飾時計もあり、和時計には櫓時計・台時計・尺時計等がありました。また、ケースの素材は、木製が多く、その他では真鍮等の金属や陶磁器等もあります。
著名メーカーには、ドイツのユンハンス・グスタフベッカー、アメリカのウェルチ・ウォーターベリー・イングラハム・アンソニア・セストーマス・ニューヘブン、日本の精工舎・名古屋時計・愛知時計・林時計・高野時計・佐藤時計・明治時計等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る