0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

陶磁器全般買取致します

萩焼の買取実績

坂高麗左衛門
【東京都武蔵野市】遺品整理にて十一代坂高麗左衛門の茶碗を買取...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

陶磁器を知る~萩焼(はぎやき)~


茶陶起源の軽やかで味わい深い器

萩焼は、山口県萩市を中心に、桃山時代末の17世紀初頭頃から現在まで作られている陶器です。明るく軽やかな印象と質 感を持ち、茶器や食器等の様々なものが作られ、広く愛用されました。その吸水性により、使い込むほど「萩の七化け」 と呼ばれる、味わい深さを楽しめることも、その特徴です。
元は唐津焼等の西日本諸窯と同じく、大陸からの渡来工による茶器、即ち「茶陶(ちゃとう)」生産がその始まりで、や がて「一井戸、二萩、三唐津」と評されるほどまで、その名を高めました。その後も、江戸時代を通して長州藩の御用窯 として茶器や雑器を生産しましたが、明治時代以降は、その庇護を失い、他産地との競合にもさらされ衰退します。 しかし、大正期に得意の茶陶への回帰が始められ、伝統工芸を称揚する「民芸運動」の高まりも受けて、再び茶の世界へ の浸透を果たしました。
その後は、古陶再現を目指す全国的な流れの中で、開窯初期の「古萩」の研究や再現が進み、今日に続く著名陶芸地とし ての地位を確立したのです。

朝鮮陶工による御用窯として開窯

萩焼は、豊臣秀吉が起こした文禄・慶長の役(16世紀末)に、長州藩祖毛利輝元が出征したことを機に渡来した、朝鮮人 李勺光(り・しゃくこう)が始めたとされます。勺光は李氏朝鮮の官窯工で、当時日本で珍重された高麗茶碗等の製造に 通じた人物とされます。
慶長9(1604)年に毛利の居城が萩へ移された際に従い、城下東郊の松本に御用窯を開きました。また、追って渡来した 弟の李敬も、同じく高麗焼物細工の窯を開きます。当時の史料がなく詳細は不明ですが、萩移転から時を経ず開窯したこ とは確かだと思われます。
その後、勺光は山村姓、敬は坂姓を名乗り、藩の庇護の下、他の焼物師たちを束ねつつ作陶を続けます。

深川への分窯と松本の生産強化

17世紀半ばになると、勺光の跡を継いだ山村松庵の弟子筋の陶工らが、西方の深川(ふかわ。現長門市)での開窯を許さ れます。松庵の子も深川に移り、萩の松本は敬の系統坂高麗左衛門(さか・こうらいざえもん)が中心となりました。松 本焼と深川焼の分派です。
深川の窯は17世紀末に御用窯から民窯となり、江戸を始め各都市への流通も果たすという、旺盛な生産を続けました。一 方、松本では、17世紀半ば過ぎから初代三輪休雪や初代佐伯半六(林半六)らが新たに御用工とされ、生産体制が強化さ れます。
なお、坂家3代目辺りまでの、18世紀初期頃までの作品が、「古萩」と呼ばれる萩焼黄金時代とされており、特に珍重さ れました。

和様への転換と磁器生産

江戸時代中期には新しい動きが起こります。元禄13(1700)年、初代三輪休雪が楽焼修業を命じられて上洛。これは、こ れまで朝鮮式施釉陶を指向していた藩の生産方針が、和様に向かう転機とみなされています。その後、楽焼は三輪家のお 家芸化し、代々生産が行われました。名工、6代林半六(泥平)の和歌入りの碗等にも和様化の影響が見られます。また 、文人趣味による煎茶の流行を受け、御用窯でも煎茶器の生産が指示されました。
江戸時代後期の19世紀には、萩郊外の小畑(おばた)で磁器の生産も始まります。文政6(1823)年には白磁器の製造も 始まり、小畑の7つの窯がそれを担当しました。

近代の困窮と復興

明治時代に入ると、藩の庇護を失った御用窯をはじめ、各窯は動揺・困窮します。内外の博覧会への出品や、名工大和松 緑の活躍等により、一時は活況への道も見え始めますが、有田や瀬戸等の大産地に押され、次第に衰退への道を進みまし た。
大正から昭和にかけても不況の状態でしたが、江戸期を通して作られ茶陶への回帰が試みられるようになります。中でも 12代坂倉新兵衛は表千家に入門し、その伝来品を写すなどして、「茶陶の萩」の印象を広め、後の萩茶碗流行に繋げまし た。
また民芸運動や古陶再現の全国的な高まりや、10代三輪休雪(休和)の古萩研究とその再現の功績等により、名立たる陶 芸産地としての復興を遂げました。今日では、伝統に加え、現代的・前衛的作風も共存する多彩な産地として、賑わいを みせています。

萩焼の作風・造形・器種

高麗茶碗を意識し朝鮮陶工が作った萩焼の作風には、やはり朝鮮系の影響が大きいといえます。標準的な特徴である白黄 色の釉面に石ヒビが入る姿や、十字切りされた割高台、白土象嵌された三島、枇杷釉・白萩釉等にもそれが見てとれます 。また、登窯の使用や朝鮮式蹴轆轤(けろくろ)の使用など、製法的にも確かです。しかし、歪み等の織部風の作為も見 られることから、早い段階での和様の影響も窺われます。なお、その他の作風では胎土に粗砂混じる鬼萩や楽・天目・伊 賀・仁清・染付等があり、多彩を極めました。
そして、その造形も多彩で、高麗風の井戸や熊川(こもがい)等に、李朝祭器を意識したもの、また織部風の沓形や、笛 形・俵形に、獅子などの置物等があります。
ところで、茶陶に始まり茶陶で復興した萩焼ですが、出土史料からは、その初期より皿や鉢等の日用雑器が7割も生産さ れていたことが知られています。つまり、本来は幅広い施釉陶器の生産が主で、茶陶は高級種として特製されていた可能 性があるのです。

軽やかな特徴生む土と釉薬

萩焼の軽やかさのもとは、砂礫混じりの大道土(だいどうつち)を主に、粘度調整用の金峯土(みたけつち)と、鉄色添 加用の見島土(みしまつち)を混合した胎土にありました。この配合を変えることにより、色や風合いを調整します。
また釉薬は、長石粉と木灰を混ぜた透明系の土灰釉(どばいゆう)と、それに藁灰を混ぜた白系の藁灰釉が主として使わ れます。なお、古窯の出土品には、飴釉や鮫釉、なまこ釉に黒釉等もありますが、今はほとんど見ることが出来ません。

現在の萩焼。御用窯の多様さ再現か

松本から始まり各地に広がった萩焼。現在では山口県下に多くの窯が存在します。その中には伝統から前衛表現を行なう 多様な創作が共存し、また茶陶を越えた様々な日用作品が作られています。奇しくもそれは、御用窯の意図が今に再現さ れたようにも見えます。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る