0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

古銭・切手全般買取致します

大判・小判の買取実績

大判・小判
【強化買取】大判・小判の強化買取を行っています。

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

古銭・切手を知る~大判・小判~


室町時代から江戸時代へ引き継がれた大判

大判の歴史は古く室町時代、豊臣秀吉が後藤四郎兵衛家に命じて造らせた天正16年、天正大判が初めて造られます。楕円形をしていて縦22.9センチ、横9.4センチ、165グラムというサイズの大判を造らせました。 大判は世の中で流通することはなく、豊臣秀吉が活躍した家臣たちへの褒美として取らせるために使ったとされています。この大判の表には造られた年と拾両という値打ち、そしてこの大判を造った後藤徳乗の名が記されていました。この形式は後の徳川家康の江戸時代の大判、小判にも用いられました。

天正菱大判(てんしょうひしおおばん)

天正菱大判が造られたのが天正15年から17年までとされています。天正菱大判の特徴はひし形の桐極印が上部に一か所と下部に二か所押されているのが特徴で他には造られた年と後藤家の後藤祐徳の名が墨書されています。その他に上部に押された極印が菱ではなく丸のものも存在します。この菱大判は天正16年4000枚鋳造されたと言われています。

天正長大判(てんしょうながおおばん)

特徴は上下左右に丸い極印が各一か所ずつ押されていて後藤徳乗と墨書されています。そして天正大判の中でも一番長く17センチ以上あります。長大判が初鋳されたのが文禄4年とされている。そして中央には澤瀉紋(おもだかもん)、亀甲桐紋(きっこうきりもん)、花押が極印されています。亀甲桐紋に関しては極印のあるものとないものが存在しています。この大判を澤瀉大判(おもだかおおばん)とも呼ばれています。

大仏大判(だいぶつおおばん)

この大仏大判も長大判と同じく捨両後藤と墨書してあり、上下左右、一か所ずつ少し大きめの丸形桐極印が計四か所押されています。そして裏面には丸形桐紋、亀甲桐紋の花押がされていて形状がやや角張った楕円形をしているのが特徴です。この大仏大判は現存する天正大判の中で最も多く現存しています。豊臣秀吉が京都の方広寺大仏殿の再建する際に使ったとされることから天正大仏大判と言われています。

慶長大判(けいちょうおおばん)

豊臣の時代が終わり、徳川の時代へと変わった慶長6年(1601年)から発行された大判です。当時大判座は京都の室町通りの北端に設けられていました。しかし寛永2 年になると江戸にも大判座が設けられ慶長年間から明暦年間までの間ここで大判が鋳造されます。この時造られた大判には多少の金品位の違いがありました。拾両判、二条判、一つ極印、サマ判、次判(なみばん)などの種類にわかれます。

明暦大判(めいれきおおばん)

明暦3年(1657年)に起きた明暦の大火により江戸城の天守閣や御金蔵にまで火が及んだために、溶けて流れ出た金銀を集め、明暦4年から万治3年にかけて江戸城の三の丸で吹き直し鋳造されたものを明暦大判と呼びます。この明暦大判は慶長大判の一種とされています。明暦大判、江戸判とも呼ばれていて慶長大判の中で明暦大判が一番多く現存しています。その他にも京都で鋳造された三つ極印、四つ極印などの大判もあります。

庶民の間では流通することなかった大判

これらの色々な種類の大判は恩賞、贈答用などに使われたとされている大判は、一般には流通することはありませんでした。豊臣秀吉から徳川家康へと受け継がれる形で、その時代の大将の権力の大きさを示すために造られたと言っても過言ではないでしょう。特に江戸時代に造られた慶長大判には京都の大判座と並び江戸にも大判座が開設されたために金品位も多少あり、色々なタイプの大判が造られました。


小判のはじまり

小判の誕生は1601年徳川家康によって造られたのが最初とされています。これを慶長小判といいます。この小判には10種類のタイプがあります。小判には製造された年や時代背景によって金品位に差があり様々です。

慶長小判(けいちょうこばん)

慶長6年、慶長小判は徳川家康が天下統一を果たし、江戸時代に入った時、自身の力を全国に示す為に大判と共に造られたのが小判です。小判の上下に桐紋を囲む扇枠が押印してあり、中央部には一両、光次(花押)が極印されています。また裏面にも中央に花押が極印されており、左端には小判師の検極印がされていることも特徴です。

元禄小判(げんろくこばん)

元禄小判は元禄8年から通用開始となった小判であり、額面は一両として扱われます。表面には茣蓙目が刻まれ上下に桐紋を囲むようにして扇枠が極印されています。中央部には一両、花押の極印がされ、裏面にも同じように中央部に花押の極印があります。

宝永小判(ほうえいこばん)

宝永小判は宝永7年に通用開始され、額面は慶長、元禄小判と同様、一両でした。宝永小判も元禄、慶長と同様に鏨(たがね)で茣蓙目(ござめ)が刻まれ上下に桐紋を囲むように扇枠が極印されています。中央部に一両、花押の極印と裏面にも同じように花押の極印がされていますが、宝永小判は小判師の検極印の右上に「乾」の字が刻まれました。

正徳小判(しょうとくこばん)

正徳小判は正徳4年に通用開始となり、額面は一両とされ、表面には他の小判と同様に鏨で茣蓙目が刻まれていてそれを囲むように扇枠が極印されています。中央部には一両、花押の極印がされています。また裏面にも中央部に花押の極印がされていますが慶長小判らのものよりやや小さめの花押となっているのが正徳小判の特徴です。

享保小判(きょうほうこばん)

享保小判は正徳4年に通用開始された小判で、金品位を正徳小判よりも上げて造られました。本来この小判は正徳後期小判と呼ばれるべき小判なのですが鋳造された時期がほとんど享保時期であるため正徳小判と区別するために享保小判と呼ばれることとなりました。表面の極印などの施しは正徳小判と似ていますが表面の中央部にある光次の光と次の間が離れているところが正徳小判と異なる部分です。「離光次」のものが享保小判です。

元文小判(げんぶんこばん)

元文小判とは元文元年に鋳造が始まり通用開始された一両小判です。表面の施しは他の小判と同じですが裏面の小判師の検極印の右上に元禄小判との違いを表すために「文」の文字が打印されています。後に文政小判(ぶんせいこばん)が発行されるのですがその文政小判と区別するために古文字小判(こぶんじこばん)、または真文字小判(しんぶんじこばん)などとも呼ばれました。

文政小判(ぶんせいこばん)

天保小判は天保8年に鋳造が始まり通用開始された小判です。額面は一両です。表面に施されたものは他のものと同じですが裏面の小判師の検極印の右上に「保」の字が打印されました。この天保小判は大判と共に献上用に造られたものがあり、献上用の小判には裏面の小判師の検極印の右上に「大」「吉」の字が打印されています。

天保小判(てんぽうこばん)

天保小判は天保8年に鋳造が始まり通用開始された小判です。額面は一両です。表面に施されたものは他のものと同じですが裏面の小判師の検極印の右上に「保」の字が打印されました。この天保小判は大判と共に献上用に造られたものがあり、献上用の小判には裏面の小判師の検極印の右上に「大」「吉」の字が打印されています。

安政小判(あんせいこばん)

安政小判は安政6年に鋳造が始まり通用開始された小判です。この小判の表面は鏨による茣蓙目が刻まれ上下に桐紋を囲むようにして扇枠が極印されています。中央部には一両、光次(花押)が打印されていて裏面の小判師の検極印の右上に「正」の字が打印されています。

万延小判(まんえんこばん)

万延小判は万延元年に鋳造が始まり通用開始された小判です。この万延小判の特徴は小判の表面は他の小判と同じですが裏面の小判師の検極印の右上には慶長小判同様に何も打印されていません。そしてすぐにわかる違いは、他の小判とは大きさが小さく、小型な点です。またこの万延小判は献上用にも造られています。そして裏面の小判師の検極印の右上に天保小判同様に「大」「吉」の字が打印されています。

その年によって異なる特色を持つ

江戸時代、徳川家康に始まった小判の鋳造は、その年によって名前を改正しながら造られ続けました。そして十種類もの小判が造られました。その時代背景に影響を受けて吹き替えされたものもあれば、金品位に差のあるものも造られました。小判の歴史も人の歴史同様に数々の苦難を乗り越えて続いた歴史だったのです。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る