0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

和楽器全般買取致します

龍笛の買取実績

龍笛
【強化買取】龍笛の強化買い取りを行っています。

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

和楽器を知る~龍笛(りゅうてき)~


雅楽で使われる横笛の1つ

管楽器の一種で、竜笛と書く場合もあります。笛を横に構えて演奏する横笛の仲間に分類され、似たような楽器では能の舞台で演奏される「能管(のうかん)」、お囃子で活躍する「篠笛(しのぶえ)」があります。
龍笛は雅楽で演奏される横笛として存在感を出していて、同じように雅楽で使用される笛に「神楽笛(かぐらぶえ)」、「高麗笛(こまぶえ)」があります。 また1200年前から伝わる唐楽を演奏する際に使用する3つの管楽器を「三管」と呼ぶのですが、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)と共に、龍笛はこちらにも属しています。唐楽の演奏では、天地を往来する竜をイメージした演奏が行われます。これは雅楽でも同じ。雅楽においてはオープニングシーンが龍笛のソロ演奏からはじまり、その音は竜の鳴き声とも称されるほど。雅楽の舞台では単に「竜」とか、横笛(おうてき)、主笛(おもぶえ)とも呼ばれます。

シルクロードを経て日本に~奈良時代

発祥の地はシルクロード周辺とされ、日本へは中国・朝鮮半島を経て、雅楽、唐楽、仏教などと共に奈良時代の頃に伝わったとされています。ちなみに高麗笛は朝鮮半島から。神楽笛は以前から日本にあったとされていますから、同じような楽器でもそのルーツを知ると興味深いものです。またシルクロードからヨーロッパ方面に伝わった龍笛は、フルートなど西洋楽器の横笛のルーツになったと言われています。

1本の竹に装飾を施して作られる

同じ笛の仲間である、尺八、篠笛などと同じく、素材は1本の竹です。しかしこの2つに比べるとつくりは凝っています。使用する竹は篠笛と同じく篠竹が一般的。ただ茅葺屋根の下材や家の軒下などで囲炉裏の煙などを浴び、燻製のような状態で数十年経ったものを煤竹(すすだけ)といい、こちらの竹で作られた品はかなりの高値がつきます。中には100年以上前の煤竹を使って作られた龍笛もあるほどです。
先に紹介した雅楽で使う3本の横笛の違いは長さと穴の数です。龍笛は40センチで穴の数が7つなのに対し、神楽笛は約45センチ、高麗笛は約36センチでこの2本は穴の数が6つとなっています。指を押さえる穴を「指孔(ゆび)あな)」、息を吹き込む穴は「歌口(うたぐち)」と言います。龍笛では歌口から「頭(かしら)」と呼ぶ先端部の間に能管と同じように和紙にくるんだ鉛の塊を入れ蓋をしています。理由は音やバランスを保つため。頭の近くには「蝉(せみ)」と呼ぶ装飾も施されています。反対側の端は「尾(お)」と呼び、こちらは蓋などはせず、そのまま開いています。なお竹の向きは頭側が生えていたときの根本側の太い部分であり、尾に向かうにしたがって徐々に細くなっています。
龍笛は竹が割れないための補強兼装飾がしっかりと施されています。内側には下地漆も含め朱色の漆を塗り、外側にはへぎ板と呼ばれる木の皮を巻き、その上から桜樺や籐製の紐で再度がっちり巻き、膠や漆で固めます。このあたりのつくりは能管とも似ており、見た目も似ています。

状態のよいものは数十万円の値がつくことも

残念ですがアンティークの年代なものの龍笛は、なかなか状態がよいものが見られません。ただそれでも数万円では取り引きされています。稀に共箱も含め保存状態のよい龍笛がアンティークマーケットに出ることがあるのですが、そんな逸品はもちろん人気に。100年以上前の品であれば数十万円の値段がついています。一方で龍笛の現行品には花梨やプラスチックで作られたものもあります。

龍笛にまつわるエピソードを2つ

中国から伝わったとされる笛の多くですが、向こうでは「笛子(ディーズ)」と呼ばれていました。それが日本に伝来すると「吹く枝」→「吹く柄」→「笛」になったんだとか。もう1つ、笛、特に龍笛は貴族・武将に好まれた楽器で、源義経が龍笛を好んでいたのはあまりにも有名なエピソードです。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る