0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

軍装品全般買取致します

海軍士官短剣の買取実績

海軍士官短剣
【東京都港区】旧日本海軍海軍士官短剣
海軍士官短剣
【強化買取】海軍士官短剣の強化買取を行っています。

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

軍刀を知る~海軍士官短剣(かいぐんしかんたんけん)~

日本独自の華麗な洋式短刀

海軍士官短剣とは、旧大日本帝国海軍で佩用(はいよう)されていた短い刀剣のことで、旧海軍が創設された明治から昭和の敗戦に至るまで使用されました。手本としたイギリス海軍の影響で導入された洋式短刀ですが、鮫皮の柄や金具の彫り模様に黒革鞘で飾られた日本独自の華麗な姿が特徴です。当初は士官用ではありませんでしたが、のちに士官用が追加され、海軍短剣の中核をなしました。
その基本的な仕様は、柄・鞘が共に先細りの直線状で、柄には先端が上下に曲がった(つば。鉤護拳)とその横の縁金具や金線巻きの白鮫皮に目貫(めぬき)、そして先端に兜金(かぶとがね)が付き、鞘は黒革や鮫皮黒漆研ぎで、鞘口に上下一対の吊り輪がついた胴輪金具、先端には鐺(こじり。石突)金具が付きました。基本的に私費調達品であった為、刀身には古刀から現代刀までの様々な真剣や模擬刀身が仕込まれます。形状は日本古来の片刃の短刀型で、不意の抜け落ち防止用に駐爪(ちゅうそう)と呼ばれる機械的な刀身留めが装備され、縁金具のボタンを押すと抜刀が可能となっていました。
近代海軍において刀剣は儀礼的な性格が強く、服制により着用場面が定められていました。旧海軍には、大礼服(たいれいふく。正服・正装)・礼服(礼装)・通常礼服(通常礼装)・軍服(軍装)・略服(略装)等の形態があり、大礼服から順に重要儀礼に用いられます。そのうち短剣は、宮中午餐会・叙任叙勲・離任式・進水式・海軍葬会葬・親族の冠婚葬祭等用の「通常礼装」と、通常勤務用の「軍装」で用いられ、共に制定された剣帯(けんたい。ベルト)とその吊り紐2本を使用して腰に提げました。

旧海軍短剣の登場

明治3(1870)年、近代海軍の設立を目指した明治政府は、前年の兵部省海軍部の設置を踏まえ、初の「海軍服制」を公布しました。そして、同6年(布告は8年)に初めて佩剣の制が明示され、士官用の長剣(ちょうけん)と共に、少尉補と海軍生徒・楽隊楽手用の短剣が定められます。少尉補・生徒用は、金具金色で傾きがある柄頭(つかがしら)、柄が白鮫皮に金線巻きで兜金から鍔にのびる背金(せがね)が付き、黒革鞘に輪が左右1対と鐺が付き、金具に錨や桜の彫刻(服制図は無地)があるものでした。楽隊楽手用も同様でしたが、少尉補用より大型で刃反りが大きく、柄は黒鮫皮でした。なお、生徒と楽手用は貸与品でしたが、一先ずこれらの短剣がのちの海軍士官短剣の原型となります。

海軍士官短剣の誕生

明治16(1883)年、英式服制の取捨折衷を旨とした海軍軍服の服制改正が行われ、将校・相当官用の短剣が制定されました。海軍士官短剣の誕生で、長い士官長剣が艦内で邪魔になったことなどがその理由と思われます。その特徴は、柄が真っ直ぐで背金がなく、鞘の金具に桜花と葉の彫刻があり、柄は3寸5分(約10.5センチ)、鞘は1尺(同30センチ)の長さがあることでした。准士官以上は全て同じ形式を用い、少尉補・候補生用は以前と同様ながら、服制に柄頭・胴輪・鐺の模様が明示されました。

海軍短剣の統一とその他短剣の制定

明治29(1896)年には少尉補と少尉候補生の短剣が海軍士官短剣と同一のものとなります。同41年には士官短剣と同様のものに唐草彫刻が入った海軍監獄長短剣も制定。そして、大正2(1913)年には、士官短剣と同様・同寸ながら胴輪に大きな菊章、その他金具にも菊章や桜模様が付く天皇御服用短剣が制定されます。
大正3年、将校と同相当官・兵曹長(同8年以降、特務士官に改称)と同相当官・准士官・候補生・生徒用の短剣外装が統一されました。基本的な構成はそれまでと変わりませんが、鞘口辺りの幅が広がり、鞘が黒革か黒鮫となります。同6年には士官短剣同様の外観構成に、白鮫・黒鮫柄の区別と葉付き桜花彫金の有無がある、青島守備軍民政部職員用短剣の3種が制定。同8年にはそれ同様の南洋群島在勤海軍文官用短剣3種と藍鮫糸金線の柄にニッケル鞘の水上警察官用短刀が制定されました。また、同9年には軍楽手・軍楽生の短剣が、外観構成がそれまでと同様ながら直刀となります。

旧海軍と海軍短剣の終焉

海軍士官短剣は大正3年以降その基本形を整え、昭和に入っても使用されますが、大東亜戦争の戦況悪化で物資不足となったのちは、樹脂等の代用素材が使われ品質が低下します。そして、昭和20年8月の敗戦により、旧海軍と共に廃され、その役割を終えたのです。

天皇下賜の栄誉の短剣

海軍士官短剣は自費調達が基本でしたが、海軍兵学校・海軍機関学校・海軍経理学校の成績優秀者には、天皇及びその代理者による授与が行なわれました。その仕様は士官短剣同様でしたが、造りが良く、刀身根元の鎺(はばき)に「御賜(おんし)」の文字があることから、特に「御賜の軍刀(恩賜の軍刀)」と呼ばれます。その品質や稀少性、受領者がその後高名になることが多かった為、高い物質的価値・史料価値を有します。

海軍飛躍の象徴を材にした記念短剣

日露戦争(1904-1905年)の日本海海戦で、東郷平八郎連合艦隊司令長官の旗艦となった敷島型4番艦・戦艦「三笠」。現在は記念艦として横須賀市の三笠公園に保存展示されている「三笠」は日本海海戦の約1年前、黄海海戦で主砲を損傷しました。その後の日本海海戦の勝利に貢献し、その偉業を称え、破損後、保管されていた砲身廃材を刀身に使用した海軍士官短剣が作られ、海軍の親睦組織「水交社」を通して販売されたのが「三笠刀」です。刀匠による鍛造製のそれには甲種三笠短剣と乙種三笠短剣の2種があり、甲種の刀身には東郷元帥の「皇國興廃在此一戦」の言葉が刻まれます。三笠刀には長剣もありましたが、生徒時代から佩用し、海軍男児の魂とされた短剣にこそ相応しい記念企画でした。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る