0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

軍装品全般買取致します

軍刀・サーベルの買取実績

軍刀・サーベル
【東京都中央区】旧日本海軍軍刀

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

軍刀を知る~軍刀・サーベル~

旧陸海軍が用いた軍用刀剣類

軍刀とは、軍隊で使用される刀剣類のことで、特に近代以降のものを指します。日本では古来用いられた日本刀や、江戸幕府等が幕末導入したサーベルが起源とされ、明治以降は国軍の装備として統一し、敗戦で旧軍が消滅するまで使用と改変が続けられました。サーベルは、反りのある片刃や、鍔(つば)から柄頭(つかがしら)にのびる護拳(ガード)が特徴的な騎兵由来の洋刀で、自衛隊でも儀礼用に使われますが、ここでは軍刀共々、明治から昭和の敗戦までの旧大日本帝国陸海軍のものについて解説します。

陸軍創設と刀剣制式化

明治3(1870)年、各藩に軍服の基準が示され、同4年には陸軍が創設されますが、刀剣の制はなく、将兵の多くは私物の日本刀や輸入サーベルを用いました。
旧陸軍で刀剣の制が定められたのは同8年。正服(正装)着用時には「正剣」、軍服(軍装)には「軍刀」を佩用(はいよう)することとなり、装着用の剣帯(けんたい)や脱落防止の刀緒(とうしょ。絡め紐)等も定められます。フランス陸軍に倣い、正剣はエペーという細身の直刀、軍刀はサーベルが採用され、兵科・階級毎に扱いが異なりました。
正剣は金具金色、鞘黒色に佩鐶(はいかん)2個と鐺(こじり。石突)付きが基本で、将官用は柄が鼈甲金線巻、護拳・柄頭に桜唐草と蜻蛉の彫刻、鍔に旭日と階級用の銀星が付き、佐官は柄が黒水牛角(参謀科白)で銀星なし、尉官は更に鐺に桜唐草がない型でした。
軍刀は磨鉄(まてつ)鞘が基本で、将官は金具金色、柄は鼈甲、背金(せがね)等に桜唐草があり、歩兵科佐官は柄が黒水牛角(参謀科白)、同尉官は桜唐草なし、他の佐官は柄部が簡略的で、背金に桜唐草があるも尉官はなく、下士は柄部が真鍮に淡黒の牛角柄、騎・砲・工・輜重兵の下士卒は更に柄部が磨鉄となります。

海軍創設と刀剣制式化

旧海軍では、イギリス海軍に範をとり、明治3年頃から武官用のサーベル式長剣が用いられ、同6年(布告は同8年)に若干改変された武官・文官用の長剣と、少尉補・海軍生徒・楽隊楽手用の短剣が制定されました。長剣は、金具金色、柄は白鮫皮に金線巻、護拳に波模様の彫刻、鞘黒革に胴輪2個と鐺が付き、将官と佐尉官で異なる桜花散らしの彫刻が施されます。海兵隊士官用は、柄が黒鮫皮で護拳に桜葉模様、鞘は磨鉄で、中士用は柄の材質が異なりました(同9年廃止)。少尉補・生徒用の短剣は、金具金色、柄頭に傾きがあり、柄が白鮫皮に金線巻で背金付き、鞘は黒革に胴輪が左右1対と鐺が付き、金具に錨や桜の彫刻があり、楽隊楽手用は少尉補用より大型で刃反りが大きく、柄は黒鮫皮でした。

陸軍旧型刀の確立(19年制ほか

明治19(1886)年、陸軍ではドイツ式への軍制変更に伴い、正剣の鍔や旭日の仕上げ、鞘の旭章位置が変更され、将官用の銀星数も減ります。軍刀は、将校用はあまり変わらず、騎兵以外の佐尉官用が統一されました。准士官用は将校用と同形・無地で、騎兵佐尉官用は鍔に透かしがあり、背金の桜唐草の量で佐尉が区別され、大きめの鍔で無地の下副官用も定められます。また戦訓から、将校軍刀刀身の日本刀・造兵刀(工業刀)化や、柄を両手握りにする改変も増え、同24年には安価高質の刀身「村田刀」も採用されました。また、同18・19年には兵卒用短剣の徒歩刀(砲兵刀・工兵刀・輜重刀)が制定され、歩兵の銃剣佩帯共々、佩用が定められます(ゴボウ剣)。32年には下士以下用に外装・刀身が一体設計された丈夫な32年式サーベル軍刀が制定され、騎兵用長寸の甲型、その他用の乙型が量産されます。そして、同45年の服制改正で正剣が廃止され、軍刀がその役割を兼ねました。

海軍旧型剣の確立(16年制・29年制)

海軍では明治16年に長剣柄部の形状等が変更され、金具の模様で将官と佐尉官が区別されます。また、将校や相当官の短剣佩用も始まり、長剣刀身の日本刀化や柄の両手握り化も増加。同29年には長剣の装飾等に変更があり、鞘金具が無地の准士官用も定められます。

陸軍新軍刀への転換(9年制・13年制)

大正7(1918)年、平安武人・藤原秀郷の太刀を模した元帥刀が陸海軍で定められました。柄と鞘に金銀の装飾や菊の紋章があり、刀緒や刀帯も専用のものが用意されます。
昭和7(1932)年には32年式乙型の柄が日本刀型となり、同9年に建軍以来のサーベル軍刀が鎌倉期の太刀形に変更されました(俗称九四式)。そして同13年、戦訓により戦国期型に改変(同九八式)。双方外装は変わらず、柄が白鮫皮に茶褐色の革か糸の平紐巻き、金具は銅鍍金、鞘は帯青(おびあお)茶褐色で、13年式は佩環が1個に削減されました。

陸戦をふまえ新軍刀を追加(海軍12年制)

海軍では大正3年に将校と兵曹長、同8年に准士官用の長剣外装が統一されます。短剣は同3年に全外装が統一され、同9年には軍楽手・軍楽生の短剣が直刀となりました。
そして昭和12年、陸戦の戦訓により、鎌倉中期から室町前期の日本刀を模した軍刀が制定されます。柄は黒鮫皮に濃茶絹糸の平紐巻き、金具は金鍍金、鞘は黒鮫皮か黒革、佩環は2個で、目貫(めぬき)への家紋使用が許されました。

旧陸海軍と軍刀の終焉

昭和16年から大東亜戦争が始まり、やがて戦局が悪化すると軍刀の質も低下。同18年には目釘(めくぎ)の2本化や柄の漆固め等で堅牢化を図った、俗称陸軍三式軍刀等も投入されますが、間もなく敗戦を迎え、旧陸海軍とその軍刀・サーベルも終焉を迎えました。

装置・刀身・用術

一般的な刀剣と軍刀との違いの1つに駐爪(ちゅうそう)と呼ばれる機械的な刀身留めがあります。不意の脱落を防ぎつつ、バネ式ボタンやホック等の操作により素早い抜刀も可能でした。また、工業技術による日本刀型刀身の改良も行われ、興亜一心刀(満鉄刀)・振武刀・ステンレス鋼・群水刀等も開発され、軍刀専用の武術「軍刀術」も発達しました。

天皇の軍刀「大元帥刀」

天皇も明治初年から独自のサーベル式軍刀を用いましたが、明治13年に将官用を豪華にしたエペー型の正剣が制定されます。大正2年には菊章入りでサーベル式の陸軍軍刀と海軍長剣や海軍短剣も定められ、同8年には元帥刀を豪華にした大元帥佩刀も制定されました。そして昭和9年には日本刀式の軍刀も制定されます(同13年、佩環を1個に変更)。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る