0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

軍装品全般買取致します

宝冠章の買取実績

宝冠章
【強化買取】宝冠章(ほうかんしょう)の強化買取を行っています...

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

勲章を知る~宝冠章(ほうかんしょう)~

女性専用の繊細華麗な勲章

宝冠章(ほうかんしょう)とは日本の勲章の一つで、日本初の国定勲章・旭日章(きょくじつしょう)を補完するため明治中期(19世紀末)に定められました。女性の要人や功労者を表彰する婦人専用の栄典制度の一つで、敗戦後の危機や制度改正を経て、21世紀の今日まで運用されています。なお、平成の改正前は8等、改正後は6種の区別を有します。  宝冠章の名は、勲章の中心にある古代女帝の金冠を模した意匠が由来とされています。女性用の勲章とあって、その意匠は繊細華麗で、旭日等の光の放射を基本とする他の勲章とは趣が異なる特徴を有します。後年、他の勲章でも女性の受章が可能となった為、現在では女性皇族・外国婦人への儀礼叙勲等の特別な場合に限った運用となっています。

宝冠章の種類と序列

宝冠章は、その制定当初、一等を最上位とする5等級があり、「勲一等宝冠章」のように、それぞれ「勲〇等」を付けて呼ばれていました。最上位の勲一等の副章には大小209個もの天然真珠が使われており、日本最高位勲章の「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきくかしょうけいしょく)」と並ぶ技術的難度と豪華さを有しています。 やがて、下位3等が追加され、長らく8等級での運用となりますが、平成の改正で等級と下位2種が廃止され、旧一等から順に、宝冠大綬章(だいじゅしょう)・宝冠牡丹章(ぼたんしょう)・宝冠白蝶章(しろちょうしょう)・宝冠藤花章(とうかしょう)・宝冠杏葉章(きょうようしょう)・宝冠波光章(はこうしょう)の6種となりました。 日本の勲章の中でのその序列は、最高位の「大勲位菊花章頸飾」、次位の「大勲位菊花大綬章」、3位の「勲一等旭日桐花大綬章(とうかだいじゅしょう。後の桐花大綬章)」、4位の「金鵄勲章(きんしくんしょう)」、5位の「旭日章」、につぐ6位とされ(最下8位は文化勲章)、旧軍向けの金鵄章が廃止された戦後に5位となります。そして、平成の改正により旭日章等と同格となり、4位(または別格)となりました。

授与対象と叙勲の種類

戦前から民間人にも授与されましたが、最上位の勲一等相当は皇后や親王妃等の女性皇族のみの受章しか例がなく、事実上、皇族専用枠となっています。また、外国人の場合は、原則、国家元首夫人や皇太子妃等が対象とされます。平成の改正以降は、民間女性等の表彰が他勲章で行われるようになった為、皇族・外国婦人への儀礼専用の運用となりました。 また叙勲の時機・種類は、定期的な「春秋叙勲」を始め、88歳以上の対象者に速やかに対処する為の「高齢者叙勲」や物故者への「死亡叙勲」、外国人の来日・離日等の機会で与えられる「外国人叙勲」等がありますが、平成の改正後は特別な機会のみとなっています。

宝冠章の意匠と内訳

貴金属等が用いられ、美術工芸品的美しさを有する勲章。宝冠章も、前述の通り真珠を始め、金銀や七宝(しっぽう)等で彩られた大変美しいもので、その造りも良いものでした。 勲章本体である章(しょう)の一等から五等までの意匠は、寸法以外ほぼ同じで、中心の藍色七宝の縦楕円内に金宝冠があり、その周囲に透明な赤七宝地に同様の緑七宝の竹枝入りの環帯、環帯の両際を飾る細帯内には100個を超すケシ粒状天然真珠が連なり、外縁には透明緑・桃・白七宝の桜と葉の意匠が縦横四方に付くという、楕円とその上下左右に突起がある形状となっています。四等までは各部の輪郭線が金色で、五等以下は銀色、章の直径は一等が36mm、二等・三等が33mm、四等・五等が30mmです。 なお章は、上部の飾り金具・紐(ちゅう)と、その上の環(かん)により、吊り布の綬(じゅ)と接続されます。紐は古代宮廷女官の衣紋によったとされる左右合掌型の環形意匠が施され、一等は緑七宝の葉と紫七宝の桐花、二等は緑七宝の葉と白七宝の牡丹、三等は白七宝の白蝶、四等は紫七宝の藤花、五等は緑七宝の杏葉となっています。 六等から八等の意匠は、六等が淡藍七宝による波紋意匠の紐付きで、宝冠周囲や竹枝・桜花が銀地、真珠はなく銀地粒で代替としたもの、七等と八等が紐や七宝着色のない省略型で、七等は桜葉が金、八等は銀地となっており、直径は共に27mmです。 正服用の章「正章」等に用いられるは、黄色地の両端近くに赤線が入る帯状織物で、光により表情を変える水紋(すいもん)という美しい模様も施されています。一等には肩掛け型の大綬、二等以下には蝶々結び型で左胸取付用の特製小綬が付属します。 宝冠章中、最も豪華な一等用副章は、中心の藍色七宝の正円内に金の鳳凰が置かれた五角形のもので、その他の図柄と七宝配色は正章と変わりませんが、桜葉の合間を埋め環帯から各角に放射するように施された大小多数の天然真珠が特徴的です。輪郭線は金色で、直径は宝冠章中最大の67mm。章は単体使用で、左胸に直接佩用(はいよう)します。 なお、全等級の意匠や造りには、年代や製造元等の関係による細かな差異があります。 付属品は、一等相当には副章、全等級に綬と同素材で作られた小円状等の「略綬(りゃくじゅ)」に、それらが収まる黒漆塗の木箱(初期は紐付き蒔絵玉手箱)、氏名等の記載や精緻な勲章絵柄が施された「勲記(くんき)」が用意され、天皇の名の下に授与されました。そして受章者は規程に則り、勲章と副章を正服等に、略綬を略服や平服等で佩用します。

宝冠章の歴史

明治政府成立後、外交儀礼上等での勲章の重要性が認識されて研究が行なわれ、明治8(1875)年に旭日章8等が初めて定められました。その後、それを補完・拡充する為に同21年に瑞宝章や旭日桐花大綬章・大勲位菊花章頸飾と共に宝冠章が制定されます。同29年に5等級が8等級に拡充され、大正8(1919)年には略綬が付属するようになりました。 しかし、昭和20(1945)年の敗戦後は、新憲法の施行と共に軍向けの金鵄勲章が廃され、外国人への叙勲と文化勲章以外の生存者叙勲も停止されます。同28年には緊急を要する生存者への叙勲が再開されますが、栄典制度の法制化は叶わぬままとなりました。 国家再建の功労を顕彰する必要が高まるなか、政府は同38年に閣議決定で生存者叙勲を復活させ、制度存続の危機を回避します。翌年には民主国家を反映した「叙勲基準」が閣議決定され、戦後運用の道筋が付けられました。 そして平成15(2003)年、前年の閣議決定により、等級廃止や6種への整理を伴う新しい叙勲制度が開始され、今日に至っています。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る