0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

ガラス全般買取致します

和ガラスの買取実績

和ガラス
【茨城県つくば市】切子ガラスのコンポート皿を出張買取しました...
和ガラス
松本民芸家具と一緒に買取した古いウランコップなど(ガラス食器...
和ガラス
骨董切子の平皿
和ガラス
骨董剣先コップセット
和ガラス
骨董品のガラスポット
和ガラス
骨董品古い切子のコップセット

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

和ガラスを知る~和ガラス(わがらす)~


キリスト教と共に伝わり江戸時代に発達

「和ガラス」の起源は、私たちが学生時代に教わった、ある有名な歴史上の人物に関係しています。それは、1549年(天文18年)に来日し、我が国にキリスト教を伝えたと言われる、フランシスコ・ザビエル 。彼はキリスト教だけでなく、当時の日本ではまだ目にすることがなかった、さまざまな工芸品を日本に持ち込みました。たとえば、メガネ、絵画、書籍、銃など。そしてその中の1つにガラス製品があり、ここから「和ガラス」の歩みは始まったと、一般的には言われています。
日本に持ち込まれた当時は、いわゆる献上を目的とした高価なガラス工芸品が主だったようです。しかし、次第に庶民が使う日用品的なガラス製品も、輸入されるようになっていきます。そしてその後は製品だけでなく、実際にガラスを日本で作るための製造技法なども伝えられるようになり、江戸時代に生産が一気に拡大。このような背景から、工芸品や美術品としてだけでなく、庶民の身の回りにあるありとあらゆる“もの”が、和ガラスで作られていった、という特徴があります。ただガラスの品質は、江戸時代のものはあまり高いレベルではなかったようです。というのも、この頃の職人はまだ西洋の製品を模倣している段階で、技術的にはかなり未熟であったことが想像できるからです。しかしこれが明治期に入ると、近代的なガラス工業技術が伝えられ、一気に進化を遂げます。和ガラスはこのような歩みを持つため、初期の頃に作られた製品には気泡が入っていたり、表面がザラザラしているなど、どこか未発達で素朴なガラスという一面を持ちあわせているのも特徴です。※「和硝子」と表記する場合もあります。

庶民の生活品からおしゃれな人の嗜好品まで

先に紹介した通り、ありとあらゆるものが江戸から明治にかけて、和ガラスで作られていきました。食器では、皿類(大皿、小皿、コンポートなど)、椀類(ボウルなど)、コップ・グラス類(盃、盃洗、徳利、氷コップ、ショットグラス、利休グラスなど)、各種入れ物類(飴入れ、砂糖壺など)、醤油差し、楊枝差し、ピッチャー、デキャンタ、アイスペール、コースターなど。その他、花瓶、灰皿、水差し、文房具、ランプ、電気スタンドおよびその笠といった生活品まで。さらには女性のおしゃれ道具である、櫛(くし)、簪(かんざし)、笄(こうがい:髪を掻き揚げて髷(まげ)を形作る際に使う髪結い道具)や、男性の嗜好品である、喫煙具、印籠、根付(ねつけ:現在のウエストバックのような小物入れ)まで。特に嗜好品では発展段階の製品・技法であるという背景に加え、当時の職人の遊び心や探究心も相重なり、菊の模様を施したものや、さまざまな細工を凝らしたガラスが次々と生まれていったようです。そのため、この手の“新しいもの”に敏感な、感性豊かでお洒落を楽しむ人たちから、特に親しまれていたことが想像できます。

「氷コップ」と「ウランガラス」は特に人気

グラビュール(摺り模様)、カットガラス(江戸切子薩摩切子)、被せガラス、ウランガラス、オパールガラス、アール・ヌーヴォー風、アール・デコ風 など。材質、製作技法、デザインの違いなどにより、和ガラス はいくつかのタイプに分類されます。そしてその中でも「ウランガラス」や「氷コップ」は特に人気が高く、高値で取引されています。
材質は、現在高級ガラスとされる「鉛ガラス」を江戸の頃には使っていました。そのため、叩くと余韻のある金属音を発します。ただしこれは明治中期頃までに作られた和ガラスの特徴であり、以後は一般的な「石灰ガラス」が主流となります。製作方法は型押しで生産する「プレスガラス」と、一つひとつの作品を職人が作り上げていく「吹きガラス」の両方があり、プレスガラスでは糸永新太郎や野々村籐助。カットガラスでは黒田貞松や鈴木清太郎といった作家が有名です。

光の下に飾って輝きや色合いを楽しみたい

男女問わず、おしゃれに敏感で粋な江戸っ子が持つと似合う――。和ガラスにはそのような遊び心が詰まった作品が多く見られます。中でも「氷コップ」はとても人気があり、専門に集めているコレクターもいるほど。「和ガラスの華」と称されるほどです。ただ、先にも紹介した通り、色鮮やかなガラスも多いので、箱に入れて部屋の奥に閉まっておくよりは、天然光が差し込む窓際の棚などに飾り、光による反射や光の加減による色合いの違いなどを楽しむのが、粋であり和ガラスの魅力をより深く知ることができると思います。

おまけ(ガラスの歴史)

ガラスが誕生したのは紀元前4000~5000年の頃、場所はメソポタミアと言われています。フランシスコ・ザビエルと同じく、私たちが学生時代に学んだ世界最古の文明発祥の地、チグリス川・ユーフラテス川流域です。その後ヨーロッパ各地を経て、エジプト、アジアにも広がっていきますが、日本にいつ伝わったのか。あるいはもともと日本で作られていたのか、そのあたりは定かではありません。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る