0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

骨董品全般買取致します

刺子の買取実績

刺子
遺品整理で見つけた骨董品の火消刺子半纏
刺子
骨董江戸時代の火消し刺子半纏

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

骨董品を知る~刺子(さしこ)~


東北人の知恵から生まれた生活着がルーツ

刺子(さしこ)とは、複数枚の布を重ね合わせて、それらを一針ずつ丁寧に、まさに刺す様に縫い合わせていく「刺し縫い」という技法を使って作られる、衣類や各種布製品の総称です。 ルーツは東北地方ならびにその気候。 というのも、東北地方はその“寒さ”から、布の原料となる綿が育たないため、綿布は江戸時代の頃は非常に高価な品だったようです。 それに加えて、農民たちは質素に暮らさなければならないという「農家倹約分限令」なる制約があったため、当時の東北の庶民は、主に麻でできた衣服を身にまとっていました。 しかし、北部にいけばいくほど寒さは強烈で、繊維の粗い麻では風が布を通して身体に入ってくるため、たいそう寒かったはず。 そこで、綿布が手に入るようになった江戸中期の頃になるにつれ、麻の衣服の隙間から風が身体に吹き込まないよう、綿布を重ね縫いしていったのです。 このような起源のため、日本三大刺子と呼ばれる刺子の産地も、以下の通りとなっています。
■日本三大刺子
・青森県津軽の「こぎん刺し」
・青森県南部の「菱刺し(ひしさし)」
・山形県庄内の「庄内刺し子」
寒さを防ぐという意味の刺子のルーツは、飛鳥時代にまで遡るとも言われていて、正倉院に収められている糞掃衣と呼ばれる袈裟も、まさに刺子の一種といえます。 このように刺子が誕生したルーツは、自分や家族を寒さから守るための、いわば生活の知恵。 しかしそこはさすが日本人――。 「どうせなら綺麗にかっこ良くデザインしたい」と次第に考えるようになり、誕生当時のつきはぎだらけの生活着から、 徐々に芸術性、美術性を持った手芸方法として発達していったのです。
※「刺し子」と表記する場合もあります。
※糞掃衣:ふんぞうえ。ボロ布を縫い合わせて作った袈裟で、僧侶などが着用。

粋で鯔背な江戸っ子が着る「刺子半纏」が流行

刺子は布を重ね合わせて作っていくため、当然丈夫で長持ちします。 そのため東北地方の普段着では、ボロボロになるまで利用されていたようです。 ところがこの刺子が江戸に伝わると、当時組織され始めた火消しの間で、その機能性の高さが評価され、彼らの仕事着として普及していきます。 ただ実際に火事を消しにいくときには、より丈夫な革製の刺子が着用されていたようです。 そのため普段使いというわけではないですが、機能性よりもデザイン性を重視した半纏(はんてん)タイプの刺子が発達。 すると、この火消し刺子半纏(ひけしさしこばんてん)が今でいうところの町の青年団やとび職といった、火消しと同じく、 当時特に男気のある連中や職業の間で流行っていったのです。
デザイン的には、もともとは藍色の生地に白の木綿糸でさまざまな文様を縫っていくのが基本でした。 それが次第に、煙管印籠といった当時流行っていた他の嗜好品の流行りもあったのでしょう。 同じようにデザイン性の富んだものとして進化。 中でも刺青をルーツとする「絵刺子袢纏」は、半纏の裏側に刺青をイメージするような、虎、龍、鬼、骸骨、般若などが意気揚々と描かれた作品が多く見られ、 特にこの手の作品は骨董としての人気も価値も高いようです。 一方で、幾何学的な文様の半纏ももちろん多く存在。 その文様の豊富さには目を見張るものがあります。 その他、家紋をあしらったものや、身近な動物が描かれたデザインの刺子半纏も見られます。
■幾何学的な文様の一例
麻の葉、飛び麻の葉、八ツ手麻の葉、四つ菱、杉綾(すぎあや)、松皮菱(まつかわびし)
紗綾形(さやがた)、菱紗綾形(ひしさやがた)
詰田(つめた)、平詰三枡文(ひらつめみますもん)
青海波(せいがいは)、菱青海波(ひしせいがいは)
平山道(ひらやまみち)、平三崩し(ひらさんくずし)
井桁格子(いげたこうし)、枡刺し(ますさし)、角寄せ、平井十文(ひらいじゅうもん)
矢羽根(やばね)、丸毘沙門(まるびしゃもん)
十字つなぎ、角十つなぎ、段つなぎ、七宝つなぎ、分銅つなぎ、千鳥つなぎ
亀甲(きっこう)、霰亀甲(あられきっこう)、籠目(かごめ)
キジの足、鳥襷文(とりだすきもん)
■刺子で作られる製品の一例
<火消し製品>
火消し半纏、手套(しゅとう:手袋のようなもの)、頭巾
<その他>
足袋、各種作業着、風呂敷、ぞうきん、ふきん、脚絆(きゃはん)、その他衣服類
※脚絆:脚の脛に巻き、衝撃を防いだり披露を軽減させる、現在でいうところのサポーターのような品。

バラエティに富む現代の刺子

布自体の質向上や洋服の普及などにより、次第に刺子の需要は減っていきます。 しかし現代でもその頑丈さから、柔道・剣道着などの各種武道着、作業着として重宝。 一方で、カラフルな布と糸を使った、いわゆるクラフトワークとしての人気も高まっていて、若い女性作家なども数多く登場。 一方で、高齢者の脳の活性化などに利用されるなど、現在でも私たちの身のまわりで、多く見ることができます。 なお、江戸から現代に至るまでの工芸品としての刺子を研究している人物も多く、中でも民俗学者の田中忠三郎氏が有名。 氏は3万点以上の骨董品をコレクションする人物で、重要文化財的な作品も多数保有。 2013年に他界されましたが、「布文化と浮世絵の美術館/アミューズミュージアム」名誉館長として、同館にも自身のコレクションを展示しているほど。 同展示作品は常設され、奇跡のテキスタイルアート「BORO」として、海外からも高い評価を受け、実際に美術品として買い取られている作品もあるようです。 現代の作家では、東京の西部・檜原村にある「銀座亜紀枝刺子館」というミュージアムで、自身の作品を展示しながら、各地で刺子教室などを開催している銀座亜紀枝氏が有名です。 また、岩手の山里にある「刺子誂処 よし純」という工房では、まさしく先に紹介したような、江戸時代の火消し半纏を復刻したかのような作品が作られています。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る