0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

骨董品全般買取致します

煙管の買取実績

煙草入れ
【茨城県土浦市/遺品整理】キセル3点セット
煙管
祖母の遺品整理で見つかった古いキセル(古道具)
煙管
骨董光春作・煙管(キセル)彫金

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

骨董品を知る~煙管(キセル)~


舞台を演出する絶妙の小道具

時代劇やその手のドラマ、あるいは落語や歌舞伎といった舞台好きな人にとっては、 必ずといってもいいほど一度は目にしたことのある小道具が、「煙管(きせる」ではないでしょうか。 (※キセルと表記することも多い)。 特に、キセルが流行した江戸・明治時代にかけては、同じように古典落語の演目が誕生した時期とも重なり、切っても切れない関係があります。
さて、そもそもタバコやその他、キセルも含めた喫煙具が日本に伝わったのは、他の骨董品の多くと同じく、1550年頃に来航したポルトガル船がその由来だと言われています。 ただ、その頃の喫煙具は、今の私たちがイメージするいわゆるキセルとは違い、ヨーロッパのパイプ、あるいは東南アジア製のもっとサイズが大きい喫煙具であったようです。 それが、日本でも葉たばこの栽培や加工技術が進むにつれ、日本独自の「細刻みたばこ」というタバコ葉が登場。 これにより、キセルはより小さく繊細な喫煙具として、発展していったと考えられています。
なお、当時の政府(江戸幕府)も現在の政府と同じように、タバコは身体に害があるとの理由から禁止したそうです。 しかし、そのような思いとは反する形で、江戸中期の頃には身分や職種を問わず、多くの日本人の間で喫煙が流行。 このような流れも加わり、キセルや他の喫煙具はさらなる進化を遂げたわけです。

    
「石州」や「延べ煙管」など形はさまざま
    

キセルはその形状やパーツの素材などにより、いくつかに分類されます。
まず、おおまかな形状としては、口に当て煙を吸い込む「吸い口」と呼ばれる個所。 次に、タバコの葉っぱを乗せ火をつける「火皿および雁首(がんくび)」というパーツ。 そしてこの2つを繋ぐ「羅宇(らう)」の3点から作られているのが、いわゆるスタンダードなタイプとなり、「石州(せきしゅう)」、「如心(じょしん)」、「光大寺(こうだいじ)」といった形が一般的であり有名です。
なお、このように3つのパーツから作られているキセルを総称して「羅宇煙管(らうきせる)」とも呼びます。 「羅宇」の素材は竹や木材といった植物性の素材が一般的で、中でもラオス産の竹を使用していたことから、ラオス国の日本語漢字表記である「羅宇」に繋がったとされています。 ただ中には高級材である、黒檀などを使った羅宇もあります。一方、吸い口や雁首はその多くが、金、銀、銅、鉄、錫、亜鉛、真鍮、四分一(銀と銅の合金)、赤銅などの金属素材が大半。 これは後でも詳しく書きますが、この金属の部分にさまざまな装飾を施すことで、嗜好品としての人気を高めていきました。 ただ中には羅宇の部分にまで金属を使ったタイプもあり、歌舞伎の演目などでよく見かけるねじり形の「手綱(たづな)」、携帯タイプの「刀豆(なたまめ)」などがその類となります。 そしてこのように全体が金属から作られているキセルのことを「延べ煙管(のべぎせる)」と総称。 その他、全体が陶器もしくはガラス、竹や木で作られたものもあります。
さて、このようにいくつかのタイプが存在し、かつ、それぞれのタイプの中で長さや太さ、さらには羅宇が六角なのか丸なのかといった形状の違いなどがあるため、キセルには多種多様な作品があるというわけです。    

    
装剣金工の手がけた作品が高価
    

もともとキセル作りは、「キセル張り」と呼ばれる専門の職人が行っていました。 しかし、先に示した全体が金属の「延べ煙管」の流行などもあり、金属加工や彫金を得意とする金工も、次第にキセル作りを手がけるようになっていきます。 中でも当時同分野において最も高い技術力を誇っていた装剣金工(そうけんきんこう:装飾性の高い刀の外装金具を専門に手がける職人)が作った品は別格。 現存しているキセルの中でも、彼らの作品には特に優れたものが多いと高い評価を得ています。
なお、キセルを手がけた有名な装剣金工は、泰山元孚(おおやまもとざね)、一乗斎弘壽(いちじょうさいひろとし)、一柳友善(ひとつやなぎともよし)、岩間政盧(いわままさよし)、船田一琴(ふなだいっきん)、府川一則(ふかわかずのり)など。 明治彫金で有名な作家としては、加納夏雄(かのうなつお)、海野勝珉(うんのしょうみん)、海野美盛(うんのびせい※「よしもり」と呼ぶ場合もあり)、香川勝広(かがわかつひろ)、塚田秀鏡(つかだしゅうきょう)、豊川光長(とよかわみつなが)など。 中でも水戸で多くの金工が誕生しており、彼らを総称して「水戸金工」と呼び称賛する人も多くいます。
なお、キセルの彫金を行った作家は、同じく喫煙具である「煙草入れ」の留め具などの彫刻もあわせて手がけていたようで、そちらでも数多くの名品を目にすることができます。
また、彫金や装飾のデザインは、鳥、花、蝶、猿、鶴、鯉、蛇、蝙蝠(こうもり)、桜、松、月、雲、鬼、龍、お化け、風景、物語など様々。上記のような有名な作家の銘がない品でも、彫刻の内容が優れているものは、現在でも高い値がついています。     

    
おまけ:キセルの使い方(吸い方)
    

キセルは骨董品でもありますが、現行品も数多くある、まさに長きにわたり喫煙家から愛されている嗜好品です。 せっかくですので最後に、吸い方や簡単な手入れ方法を紹介します。
タバコの葉は刻みタバコを利用しますが、中でもキセル専用の細く刻まれたタイプを使用します。 この刻みタバコを指で軽くつまみ、直径1センチメートルほどの球を親指と人差し指で、転がしながら作ってください。 ポイントはあまり力強く行わないこと。空気の入り具合で味の微妙な変化に繋がります。 さて、球ができたら火皿の部分に押し込み、マッチで火をつけますが、ここでも注意が必要です。 一般的なタバコの着火時のように、決して勢い良く吸わないこと。 というのは、キセルはまさに「一服」を楽しむ喫煙具。勢いよく吸ってしまうと、あっという間にタバコの葉が燃え尽きてしまうからです。 イメージとしては3服で吸い終わるような勢いで吸うと良いと言われています。
さて、吸い終わった灰を、冒頭の舞台ように「カチッ!」とかっこ良く地面に叩き落としたいところですが、キセルをどこかに当てると当然傷むので、控えた方がいいでしょう。 また、火種を残しておいて新しいタバコ葉を継ぎ足す、という吸い方もあります。 メンテナンスに関しては、キセルを使用しているとどうしてもパイプ内にタバコのヤニが付着しますから、掃除する手入れが必要となってきます。 専用の掃除道具がありますので、そちらを使用するとよいでしょう。    

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る