0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

中国美術全般買取致します

瑪瑙(メノウ)の買取実績

瑪瑙(メノウ)
【強化買取】瑪瑙(めのう)の強化買取を行っています。

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

中国美術を知る~瑪瑙(メノウ)~

カラフルで豊かな色合いが特長

海外では「agate(アゲット、アゲート)」と呼ばれていますが、日本では原石の外観が馬の脳に似ているということから、瑪瑙(めのう)という名前がついた、といわれています。そんな馬の脳にたとえられる瑪瑙ですが、灰色、赤色、茶色、白色、黄色、オレンジ色など。これらカラフルで豊かな色が、一色もしくは複数色で縞模様を描いている、言葉ではなかなか表せない美しい見た目を持つ石(鉱物)なのです。このような見た目の特長を持つため、石自体をコレクションしている人もいるほど。さらに、色合いや縞模様の感じなどで、多種多様なタイプがあるのも特長です。世界各地で採れますが、メキシコやアルゼンチンで採れる原石が有名で、質も高いようです。

日用品から装飾品まで作品は多岐にわたる

美術・工芸品としての瑪瑙は、翡翠など他の鉱石と同じように、さまざまな品に加工されています。

■宝飾品
勾玉(まがだま)、管玉(くだだま)、とんぼ玉、帯留、ネックレス、ループタイ、ペンダントトップ、リングなど。
※管玉:管状になっているビーズ。とんぼ玉を細長くしたような宝飾品。

■器類(茶器も含む)
皿、鉢、香炉水差、合子、茶碗、急須など。
※合子(ごうし):蓋付容器のこと。

■文房具
筆筒、書道具
※筆頭:筆を入れておく筒。ペン立て。

■その他
簪、置物、灰皿、飾り物、鼻煙壷、置き時計、囲碁で使う碁石、シンプルに瑪瑙の模様を楽しむ「鑑賞石」など。
鼻煙壷(びえんこ):別ページに詳しく紹介してありますので、そちらをご覧ください。
※酸に強いという特性から、すり鉢や乳棒などに加工されたりもします。


日本製の品も数多く見られる

中国骨董に限らず、日本でも古くから瑪瑙を原料とした製品はつくられてきました。古い時代では、勾玉や管玉など。そして、これら瑪瑙製品をつくってきた産地として名高いのが、現在の島根県出雲の国、玉造温泉です。

この地では、近くの山から瑪瑙が豊富に採れることもあり、古墳時代から装飾品などの製作が盛んでした。そして現在も、出雲玉造というブランド名で、作品はつくり続けられています。

なお、瑪瑙作品を手がけた作家としては、宅間正一(たくましょういち)などが有名です。またこれは余談ですが、玉造温泉にあるホテルには、瑪瑙の石を張り巡らせた「メノウ風呂」という、なんとも豪華な入浴施設があるそうです。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る