0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

刀装具・武具全般買取致します

鎧・兜の買取実績

鎧・兜
模様替えで手放した古道具古い鎧兜
鎧・兜
昔実家で飾っていた古道具の等身大鎧
鎧・兜
遺品整理で見つけた古道具の八間筋兜
鎧・兜
古い蔵にしまっていた古道具の兜
鎧・兜
祖父の遺品整理で手放した古い鎧などの古道具
鎧・兜
蔵の解体で見つけた古道具の鎧
鎧・兜
引越しで不要となった古道具の等身鎧など
鎧・兜
骨董古い等身大鎧
鎧・兜
武具・刀装具古い鎧

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

甲冑を知る~鎧・兜~

日本の甲冑の始まり

甲冑とは厳密にいうと大鎧、兜、胴巻き、腹巻、当世具足などのすべてを総称した呼び名を言います。これらは美術的な要素を重視した時代もあれば、戦いを重視し動きやすさや、相手を威嚇することを求めた時代もありと様々。またその時代の財政的なことによって簡素化された甲冑もありました。 甲冑の歴史は古く奈良時代以前から存在していました。残念ながら当時の甲冑は今現在残ってはいませんが埴輪などから当時の甲冑の姿形を知ることができます。世間一般によく知られているのが桂甲(けいこう)という甲冑が有名です。 平安時代より前は徒歩戦でそれぞれが徒歩での戦いを行っていましたがこの時代になると騎馬戦へと変わっていきます。騎馬戦では主に弓を使って戦いました。この戦いは馬の上から徒歩で戦いを挑んでくる相手にめがけて弓を討つ戦法で当時としては効果的な戦い方だったようです。それに合わせて騎馬戦に合わせた甲冑へと変化していきます。その甲冑の姿形こそ純日本的な大鎧の形と言えるでしょう。 その甲冑の作りは草摺り部分が前後左右四つに分かれていて正面は弓やの弦が引っ掛からないような施しがしてあります。後ろ面には逆板と呼ばれる袖の長さ、位置を調整できるように造られていました。この当時の甲冑は外見の造りはわりと大雑把な造りではありましたが一つ一つの飾りつけも大きかったこともあり豪壮な印象が特徴的です。

大鎧の発展

鎌倉時代になると甲冑の威しの網目も細やかになり、兜の飾りつけも小さくなります。そして何よりも大きく変わった点は紫裾濃(むらさきすそご)と呼ばれる紫色の濃さを代えて編み込む技法を使うことで色彩豊かな甲冑へと生まれ変わったことです。この当時の甲冑は戦闘用というよりも武将たちの晴れ着のようなものとして扱われていたこともあり、この時代に発達していた染色技術を甲冑造に取り込んだことが大きく見た目が変わった要因でした。また兜の吹き替えし部分に魔除けの色でもあった赤色を使ったのも当時の甲冑の特徴でもあります。

完成度を高めた甲冑

鎌倉時代末期になると彫金技術の発達に伴って袖や草摺りに豪華な金物を配した美術工芸的な甲冑が造られるようになります。甲冑に使われた金物は青銅の塊を削りくずしという技法で削って文様を表現しました。そしてその文様に金メッキを施しきらびやかな甲冑に仕上げます。当時のメッキは鍍金と呼ばれ、水銀に混ぜた金を青銅に塗って水銀を蒸発させる古代から残る技法でした。この頃金箔を使った技術もあるにはあったのですが主に金箔は木材や紙に金色を出すために用いられ、金箔を使った技術は建造物や屏風などに使われていました。 南北朝時代の甲冑は兜の飾りつけはさらに小さく細かくなります。網目も非常に細かくなっていきました。この頃の甲冑は美術工芸品としての頂点を極めたのです。それ以降の甲冑は戦闘使用の甲冑へと変わっていき、美術工芸的要素は無くなっていきます。

美術的な甲冑から動きやすさを重視した甲冑へと

鎌倉時代の胴丸は武将ではなく徒歩の士卒が着用していました。そして正面にあった弦走韋が省略され、動きやすさを重視し草摺りが四間から八間に分かれたものへと変わります。時代が経つにつれて財政は悪化してゆき甲冑の制作が難しい状態になります。このような中、甲冑事態もどんどん簡素化してゆき胴丸、腹巻などと呼ばれるものが制作されるようになります。この二つの違いは胴丸の方は右横で引き合わせるのに対して腹巻は後ろで引き合わせるというものでした。 戦国時代になると奇抜なデザインの当世具足といわれる甲冑が主流となっていきます。美術的なセンスよりも、敵を威嚇するのに適した甲冑へと姿形を変えていきます。主にお城や美術館でよく見かけるのがこのタイプのものです。異質な感じがするものが多いのもこの時代の甲冑の特徴です。

時代と共に移り行く姿

甲冑の歴史は時代とともに姿形を代えてきた歴史でもありました。甲冑を見るだけで当時の時代背景などを判断することができます。美術的要素の高い甲冑もあれば、真逆で戦闘を重視し、動きやすさを追求したものと色々です。これら全ての甲冑が日本の甲冑の歴史と言えるでしょう。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る