0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

西洋アンティーク・洋食器全般買取致します

大倉陶園の買取実績

大倉陶園
【東京都中央区】大倉陶園花瓶

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

洋食器を知る~大倉陶園(おおくらとうえん)~


日本最高級の洋食器窯

大倉陶園(おおくらとうえん)とは、実業家・大倉孫兵衛(まごべい)の志により20世紀初期に東京に設立され、現在まで存続する美術陶磁器の製造会社です。孫兵衛の子、大倉和親(かずちか)を社長、陶磁器デザイナーの日野厚(ひの・あつし)を支配人として発展し、日本最高級を目指した優れた意匠と高い品質で内外に知られる存在となりました。
大倉父子は、かつて日本最大の洋食器メーカーであった「日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)」の経営に関与し、「東洋陶器(TOTO)」「日本碍子」「伊那製陶(INAX)」等を創業した我が国製陶事業の開拓者です。その彼らが日本陶磁製品の名誉の為、欧米の一流洋食器に劣らない製品生産を志し、私財を投じて創業したのが大倉陶園でした。
その目標は、イギリスの「ボーンチャイナ(骨灰磁器)」やフランスの「セーヴル」、イタリアの「ジノリ」等の名窯製品を超えた「この上なき美術品」の創造です。当時老境にあった孫兵衛の、人生の集大成的志の実行でしたが、後継者で右腕であった長男和親が、日野厚らと共に苦心の末、見事独自の硬質磁器による製品化と世界での評価を得ました。
その後も関東大震災や戦争による危機を経験しますが、皇室をはじめ、世界の富裕層に愛され、また鑑賞対象として一般の人々にも親しまれるなど、その面目を保っています

大倉陶園の歴史
不朽の名品製作に挑戦

幕末から出版に関わり洋紙販売でも成功した大倉孫兵衛は、明治初期から日本陶器の創業者・森村市左衛門に協力し、陶磁器の製造販売にも能力を発揮しました。そして老境となり、長年の陶磁器改良と輸出進展への功績で褒章を得た大正6(1917)年、不朽の名品製作を表明し、同8年、東京郊外の蒲田に大倉陶園を開きます。
当時最先端の「田園都市的工場村」として設置された陶園の経営は、嫡子和親が当たり、支配人には日本初の陶磁器デザイナー日野厚が迎えられました。他の人材や設備も整え、素地を高火度磁器と定めて操業への準備が進められ、同10年末には初窯に成功しますが、孫兵衛はその直前病死し霊前への報告となります。翌年からは絵付研究が行なわれ、孫兵衛の1周忌に発表された白磁の菓子鉢と銘々皿が、世に出た最初の製品となりました。

震災等の難儀経て活況に

大倉陶園の技師は経験者採用から育成へと方針転換されましたが、時間をとられ生産に支障をきたします。やがて、陶園に興味を持った工芸家や画家の協力で改善されますが、その矢先の大正12年に関東大震災に襲われました。幸い被害は僅かでしたが、首都壊滅により需要低下が予想され、生産縮小が実行されます。
ところが、予想外に復興が早く、市場も品薄となった為、積極策へと転換されました。製品開発と同時に工場の整備を進め、翌年には次々と新製品を世に送り出し、活況を呈し始めます。三越百貨店との取引が始まり、出荷数が急増して直接受注も得、農商務省工芸展覧会(農展)に出品して初展示を行ない、天皇買い上げの栄誉も得ます。
同14年には好調により設備増強が必要となり、皇室や外務省、三井・岩崎等の富豪からの注文が続き、政府の要請によりパリ装飾美術工芸博覧会への出品も果たしました。また、三越を会場とした展示会を開き、その後も全国の百貨店で開くようになります。そして、翌年には宮内省からの注文が本格化し、設備と人員の更なる増強が行なわれました。

内外での好評と戦争

昭和に入っても大倉陶園の好調は続き、器種を増し、意匠や技法の研究にも力が入れられます。また、内外の工芸展や百貨店での展示等により広く知られるようになり、国外の富裕層も顧客となり、官庁や企業からの特注も数多くこなしました。
それは、世界恐慌や満州事変等の情勢下も続き、続く戦時下でも皇室から最大規模の成婚食器の注文を受けるなどします。しかし、大戦末期となると、軍需品の生産も余儀なくされ、徴兵により人員も不足し、同20年には空襲により甚大な損害を被りました。

引き継がれる志

戦後、和親と日野らの物づくりへの高い志と努力により、昭和22(1947)年に復興を果しますが、創業以来の技術責任者と日野、復興を軌道に乗せた2代目支配人らが相次いで急逝します。しかし、彼らが付けた道筋や後継者の努力により大倉陶園は盛況を取り戻しました。株式会社となり、のちに横浜に移転しますが、宮内庁関係を始めとした多くの顧客の支持を受け、今も当初の志の通りの高級磁食器作りを続けています。

大倉陶園の製法・技法

大倉陶園では最上の製品を製作する為、独自の技法を研究・採用しました。基本となる磁器器胎の美麗な白色・オークラホワイトは、最高級カオリンを使用し1460度の高温で焼成されます。その他では、本焼きした白地にコバルトで絵付をして再度高温で焼き深み有る青を得る染付似の独自技法・岡染めや、国家検定絵師による油溶き日本画技法を用いた手描き絵付、器胎にローラーで模様を付け本焼きして金を焼き付け浮彫的にしたエンボス、器胎に塗った漆に色粉をまき布で擦り染ませて色の深みや艶やかさを出す独自技法・漆蒔(うるしまき。色蒔)、セーヴルの応用で白地にコバルトを塗って本焼きし光沢ある深い紺青色を出す瑠璃、本焼きした白地に砂吹きで模様を削り金焼きで浮彫効果を得る金蝕(きんしょく。エッチング)、コバルトで下絵を描く伝統技・呉須(ごす。染付)等があります。

器種・様式・意匠・代表作

大倉陶園の器種は食器が主体ですが、花瓶や彫像・置物(フィギュア)・プレート(飾り皿)・ランプスタンド・ボンボニエール・水指(みずさし)・陶額等もあります。
その様式には、浮彫のみの白磁、濃色地に色絵金彩を施すセーヴル風、英国ボーンチャイナ風の薔薇柄、東洋的花鳥画・風景等を描いた染付や色絵、写実的細密画が描かれるロココ式、金彩まばゆいナポレオン期のアンピール(皇帝)様式、古代ギリシャ風の連続紋等が用いられた新古典主義式、日本画が採り入れられたもの、抽象的草花紋のアールヌーボー式、シンプルかつ洗練された紋様のアールデコ式等があります。
代表作は、最初の白磁作「薄肉彫蓋付菓子鉢」、金蝕法による「ベリーセット」「片葉金蝕」「金薔薇」、1928年発表で岡染めの青薔薇ある白磁「ブルーローズ」、1961年発表で正倉院宝物の西方意匠を模した呉須白磁「呉須正倉院」、1970年発表でナポレオン好みの金蝕緑色蒔白磁「ナポレオン」、1979年発表で格調高い器形と新古典柄を持つ金蝕白磁「スイートメモリー」、1983年発表で英国風薔薇意匠を日本画で表した金彩白磁「クラシックローズ」等があります。なお、1942年以前の製品はオールド大倉として珍重されています。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る