0120-971-616 受付時間 9:00〜18:00

  • お問い合わせへ
  • お客様の声へ
  • よくある質問へ

西洋アンティーク・洋食器全般買取致します

バカラ(Baccarat)の買取実績

バカラ(Baccarat)
【茨城県守谷市】Baccarat(バカラ)ペアグラス

1

買い取り出張エリア

※買取商品の状態によって価格は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

掲載されている買取実績についてご質問などありましたら、下記までお問い合わせください。

TEL . 0120-766-299
MAIL . contact@romandrop.jp
営業時間. 9:00 ~ 18:00

遺品整理の買い取りはお任せ下さい

ご家族が亡くなり、いざ遺品整理をしようとしても、価値が判らない、物が多すぎてどこから手をつけて良いのか判らないなど、頭を悩ますことが多いですよね。
生前大事にされていた形見の品など、無暗に手を付けるのは故人に対し申し訳ないと、処分するにもなかなか手が進まない場合もあるでしょう。

浪漫ドロップではそんな悩みの多い遺品整理を、遺品整理士の資格を持った担当者がご遺品の買取をさせて頂いています。
故人が大切にしていたコレクションや、お家の家財道具一式は勿論のこと、引き継いだ物の量が多すぎて置き場所に困っているご遺品の数々を、適切に選別させて頂き高価買取いたします。
遺品整理にて売りたい骨董品や美術品、故人が大切にしていたお品物がありましたら、浪漫ドロップへお任せください。

家屋・蔵の解体時の買取はお任せください

ご空き家やリフォーム・建て替えで古くなったお家や蔵の解体をする際、処分に困るのが解体業界で「残地物」と呼ばれる廃棄物です。
解体業者さんに処分を依頼すると追加料金がかかるので、解体費用より処理費用の方にお金がかかってしまったり、本来は売れる物でも処分費用がかかってしまったり、お客様が損してしまうケースが多いです。

そんな悩みの種の「残地物」を浪漫ドロップでは丁寧に選別・査定させて頂き価値を見出し高価買取しております。
旧家・古民家、蔵の残地物でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
美術品や骨董品の買取は勿論のこと、格子戸や帯戸、藏戸などの建具類まで、家屋や蔵の中のお品物を無料査定・出張買取致します。
家屋や蔵を解体するご予定がありましたら、何も処分しない状態で取り壊す前にぜひ、浪漫ドロップへご連絡下さいませ。

洋食器を知る~ バカラ(Baccarat)~


完璧の美。クリスタルガラスの代名詞

バカラ(Baccarat)とは、フランス北東部ロレーヌ地方バカラ村発祥の高級ガラス製品及びメーカーで、19世紀前半から現在まで存続しています。透明度の高いクリスタルガラスで知られ、高い技術と品質、また優れた意匠と完成度により、世界の貴人や富豪に愛され「王者のクリスタル」とも呼ばれる、クリスタルガラスの代名詞的存在となりました。
酸化鉛の添加により高い透明度を得るクリスタルガラスは、17世紀後半にイギリスで開発され、やがてヨーロッパ大陸のボヘミアンガラス等に影響を与えます。そして、それらの盛況に刺激され、18世紀後半に創業されたのがバカラでした。しかし、革命や戦争の影響等により倒産や買収を繰り返し、19世紀以降漸く本格的にクリスタル生産を始めます。
当初の製品は、イギリスやボヘミアを真似たものでしたが、やがて独自性を獲得しました。また、ジャポニズムやシャンデリア・香水瓶等をいち早く手がけ、時代の流行や需要を採り入れる先進性も備えます。そして、最良の素材と最高の技術をもって完璧な製品づくりを行なう姿勢が、その存在を世界に知らしめ、今に続く名声と愛顧を得ました。
テーブルグラスを主とするその製品は、緻密な意匠設計後、多くのフランス最優秀職人(日本の人間国宝に相当)を含む熟練工による高度な成形や装飾を経て完成されます。こうして妥協なく生みだされた完璧な美しさが、バカラの大きな特徴となっています。なお、主に19世紀までに作られたものはオールドバカラと呼ばれ、特に珍重されます。

バカラクリスタルの歴史
創業と動乱期での継承

1764年、フランス王ルイ15世は、テーブルグラス類の自給や産業振興、そして衰退したバカラ村の製塩・林業の救済を目的として、同村でのガラス製造を許可します。そして、技師で管理者の名を冠した「ルノー・ガラス工場」(1768年改称)が開かれ、ボヘミア風のグラスや窓ガラス・鏡等の生産が始まりました。
しかし、フランス革命勃発後の1792年には燃料の薪炭が不足して生産が停滞し始めます。1802年にはルノーの子息らが工場を受け継ぎますが、1806年にナポレオン戦争の影響で倒産し、実業家に買収されました。1810年にも燃料高騰や不景気による倒産が起こり、別人に買収されますが、1816年には初めてクリスタル製品の製造も始まります。

19世紀における発展

その後も買収や改称が発生しますが、工場は継承され1823年に共同経営の株式会社が発足します。そして新技術を次々導入し、コストを下げて中間層の需要を起こし発展に導きました。同年には産業博覧会にて金賞を受賞し、王室からの初注文も受けます。その後、幾度かの危機に見舞われますが、一応経営の安定をみました。
1823年には代表作アルクール・グラス(流通は41年)、24年にはフランス初のシャンデリア製造を開始。器種や生産が増え、1839年には従業員数が1000人近くとなります。1830年にはオスマン帝国への輸出、翌年にはパリにショールームも設置されました。そして、1855年のパリ万博に巨大な燭台等を出品して金賞を得、バカラの名を世界に広めます。

名声とスタイルの確立

1867年のパリ万博でも巨大なクリスタル噴水等を出品して金賞を得、数多くの名作により名声を確固たるものとしました。1870年の普仏戦争では輸出が途絶えますが、2年後には回復し、74年には従業員数2000人を超す規模となります。そして、1878年のパリ万博でも金賞獲得。しかし独創性の欠如を指摘する批判も受けました。
その頃から流行のジャポニズム意匠が導入され、1896年には専用窯によるロシア皇帝の特製品生産も開始。19世紀末にはアールヌーボー、20世紀初期にはアールデコの流行も採り入れました。また20世紀初頭には大量の香水瓶や日本からの茶道具・和食器の注文も受け、世紀前半には気鋭デザイナー・シュヴァリエによりバカラ・スタイルが確立されます。

新旧織り交ぜ今も輝く

その後は恐慌や大戦による困難も経験しますが高級路線を堅持して乗り越えました。1972年からは外部デザイナーを起用したコレクションを発表し、内外のアーティストとの共作を生む、その後の流れを作ります。そして、それら新旧の表現を織り交ぜながら、バカラはそのクリスタル同様の輝かしい歴史を今も紡いでいます。

バカラの製法・技法

バカラのガラスにはクリスタルガラスとオパーリン・クリスタルガラスがあります。クリスタルは酸化鉛が30パーセントという高い割合で配合されており、その輝きの源となっています。オパーリンガラスは、リン酸石灰の配合によりオパールに似た乳白色を得るもので、その他ではウランを添加して黄緑の蛍光色を得るウランガラスもあります。
成形は、溶けたガラスを「吹き竿」で膨らませて成形する宙吹きや、型の中で膨らませて成形する鋳型、型にガラスを流し込んで別型で加圧成形するプレス成型等があります。また素地の溶解温度は1350~1450度、種を吹き竿に取る温度は1250度、成形作業(ホットワーキング)は650~950度、エナメル彩や金彩の定着は500度で行なわれます。
装飾には、素地に別の色を被(き)せる被せガラス、薬品の腐食作用で紋様を得るエッチング(酸化腐蝕法)、様々な形状の回転砥石で幾何学模様を彫るカット、銅製の回転板等で繊細自由な図柄を彫るグラヴュール(ウィール・エングレーヴィング)、金絵具で彩色し加熱定着させる金彩、油溶きのエナメルで彩色し加熱定着させるエナメル彩、金属顔料の塗布と加熱で油光沢を得るラスター彩、溶けたガラスを器体に付け把手や装飾をなすアプリカシオン(アップリケ)、カットで槌目(つちめ)模様を施すマルトレ等があります。

器種・様式・意匠・代表作

バカラの器種には、食器・酒器・燭台・ランプ・シャンデリア・噴水・花瓶・鉢・置物・文鎮・飾り皿・宝石・時計・ボンボニエール・香水瓶・茶器・和食器等があります。
その様式には、細かな格子彫りによるダイヤモンドカット、深いカットで籠目をつける切子風、濃色線や色絵金彩を施すセーヴル風、オパーリンガラスに薔薇柄等を描く磁器風、写実的細密画を描くロココ式、金彩まばゆいアンピール式、古代風連続紋等を描く新古典主義式、東洋的意匠のジャポニズムやシノワズリー、抽象的草花紋のアールヌーボー、シンプルかつ洗練された意匠のアールデコ等があります。代表作は、曲直のカットが絶妙な「アルクール」、繊細豪華な古典柄彫刻の杯「サイモンベース」、伝統的シャンデリア「ゼニス」、ロシア皇帝の切子杯「ツアー」、エッチングによる蔓草紋の酒杯「ローハン」、シンプルでモダンなテ?カンタ「テ?ィオニソス」、ポップな色と形の酒杯「ブーケ」等があります。

お客さまの声

よくあるご質問


ページの先頭へ戻る